カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の232件の記事

2017.10.15

照れ臭かったんだと思います。。


2017年10月12日 東周刊 遂心如爾(梁爾紋)


心にもないことを言う


口で言うことと心で思っていることは必ずしも一致しない。

口に出したことが内心考えていたことと違っていたことはありませんか?

10月4日は鄭伊健の誕生日だった。もう三年間ファンとパーティを開いていなかった彼は、今年のデビュー30年の記念日を期に、300人の世界各地から来たファンたちと大コスプレパーティを開催した。ファンたちは楽しそうに精いっぱいのコスプレを、アラレちゃんや、中華英雄や、セーラームーンや、マリオブラザーズやカオナシの姿をして、とても盛り上がった。

伊健は事前にファンたちに誕生日プレゼントは要らないので、その気持ちはチャリティ団体へ寄付して、ほかに助けを必要とする多くの人に役立ててほしいとアナウンスをしていた。彼の誕生日の希望はとてもシンプルで、みんなにプラスになるパワーを分けてあげたい、そしてそれがみんなに伝わっていってほしいというものだ。

ファンたちと30年を共にしてきて、人生の酸いも辛いも、年月がはぐくむ友情も味わい、純情な学生服姿でかっこよく登場した伊健は、歌の時に思わず声を詰まらせ涙を見せ、その後ファンがすぐ一緒に全員で大合唱した。感動的でしょう?

ステージの下にいた私も、こっそり涙を拭いた。

バックステージに戻ってきた彼は、またいつものようにえへへと笑って、感動したわけじゃないし涙も出てないよと言った。

内心と言っていることが違うというのはこのことだ。

そこで私が思い出したのは、ある親友と午後のお茶をしていた時の話だ。彼女は息子が成長したので肩の荷が下りた、以前みたいに学校の送り迎えをする必要がなくなったので、自分の時間も増えて、自分の好きなことができると言っていた。

ずっと良妻賢母だった彼女は、常識に外れたことを言わず、生活もずっとパーフェクトであることだけを考えてきた。

そうして楽しそうに話していた彼女だったが、突然息子が下校の時間になったことを思い出して、電話をかけたのだが、息子は電話に出なかった。

私たちはその後しばらくおしゃべりをしていたのだが、彼女はまた電話をかけ、またも息子は電話に出なかった。そして私にこう言った。「あの子は下校したらすぐ電話をくれるのに、今日はどうしたのかしら?」彼女はだんだん心配になってきたようで、何度も電話をかけた。

さっき、息子は大人になったから心配しなくてよくなった、と言っていなかった?電話に出ないのは、まだ学校にいるからじゃないの?

彼女がそわそわしだしたのを見て、私がウェイターに会計をお願いしていると、突然電話がなった。息子が電話してきたのだ。彼女は電話をとると、息子を激しく罵った。最後に私は電話を替わって彼女の息子に、お母さんがとても心配していて、電話に出た時は自分の感情を抑えられなかったのよ、だから内心とは違うことを言ったんだから、と話した。

電話を切ると、私は彼女に、どうして電話では優しく「あなたの声がやっと聞けた!本当に幸せだわ!」と言わないの?と聞いた。
そして私たちは顔を見合わせて大笑いした。

愛するほど本当のことを言いにくくなり、愛すれば愛するほど人を罵倒したり、罵倒されたりすることのほうが多くなってしまう。そうでなければ本当の愛は感じることができないのだろうか?

私は皆さんを愛してますよ!ふふ!


***************

先日の伊健のパーティの時の涙にひっかけて、のコラムなので、伊健の話は導入に過ぎないのですが、文章としては面白かったのでそのまま全部載せました。

そういえば前も伊健はパーティ中に・・・今回みたいにぐっと詰まった、じゃなくて、本格的に大泣きしたことがあったので、本人的にはノーカウントにしてねってことなのかもしれません。あるいはちょっと照れ臭かったのかな。ということにしておこう(笑)
いずれにせよ大泣きした時は例の幸せじゃなかった時期だと思うし、それに比べれは今はいつもとても楽しそうです。ファン的にはあなたが幸せなら我々も幸せです。これも「幸せが次々伝染する」ってやつだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊健だって映画を楽しみたい!!

2017年6月22日 東周網 遂心如爾(梁爾紋)


伊健的ユーモア


鄭伊健のユーモアが大好きだ。

現代の香港人は、三食のために仕事に奔走し、仕事のストレスはどれだけのものだろう?
街を歩く人々の顔を見ればすぐわかることだ。

周囲の友人たちがストレスから自分を解放する方法を知らず、なぜあんなに朝から晩まで働くのか?ということを次第に意識するようになった。もちろん安定した生活と、楽しく日々を過ごすためだ。

病気をしてから、私は休日は山や海にでかけ、郊外で新鮮な空気を吸い、太陽の光を浴びるのが一番好きになったのだが、そうしているとリラックスできるということもわかった。

アウトドア活動をしたくないときには、カラオケで発散したり、映画館で負のエネルギーを放出することもある。

先週はラッキーなことに鄭伊健が一緒で、康怡で香港初のMX4D映画を見た。新しくて刺激的な特殊効果、風、稲妻、煙、首をさっと撫でられたり、背中をたたかれたり、におい、水しぶき、振動、跳弾、ジェット噴射や足をバタバタさせるなど、たった一度ですべての願望がかなった。

隣に座っていた伊麺は、ずっとわあわあ言い、水しぶきがかかると我慢できなくなって笑っていた。

見終わった感想をステージに上がってインタビューを受ける時になり、司会者が伊健に感想を聞くと、伊麺は真面目な顔になって「恐怖だよ!」と言った。

ステージ下にいた私は、この友人がついにユーモアを解するようになったかと思わず笑ってしまった。

伊健は「さっきは誰かに肩をたたかれたりお尻をたたかれたりしているみたいで、画面で写っていることに真実味が増したよ。僕も俳優として映画を撮影していて、アクションのときに頭をひっこめたり相手に殴られたりという動きが、まさか観客になっているときにまでするはめになるなんて思わないよ。刺激を感じて頭を下げるなんて、恐ろしくない?僕は4Dアクション映画はゲームをするときの感覚をすでに超えたと思うよ」と笑った。

最新のテクノロジー愛好家である彼は、映画のあとでもずっと質問をしていて、特殊効果会社が行う編集が人の手によるものだと知って、彼らの仕事にもっと注意するようになったようだ。

伊健はまた、「さっきの場面では、主役が水に落ちる描写だったけど、僕も本当に水の中に突き落とされたように感じたよ!」とも言った。

伊健は映画館に行く事が少ないと思われているが、映画界で育った人間は、劇場で映画を見るのを好む人が多い。「僕は朝一の映画を見るのが好きなんだ。家にも大きなテレビはあって、音響もいいけれど、映画を見る時は劇場で見た方が楽しいからね。子供の頃は一家で映画を見た思い出がたくさんある、行列してチケットを買いながらスナックを食べたし、今の映画館でもイカ焼きとか鶏蛋仔とか煮込みとか、思い出すと食べたくなるものばかり売ってるよ!」と笑う。

毎日伊麺と一緒に仕事をしていると、彼の超楽天的気質に感染する。最近彼の頭は脚本を書くことでいっぱいで、監督をやるつもりなのかと聞くと、いい脚本ができたらね、まだできていないことを考えすぎるのはよくないよと笑っていた。

***********


朝9時台の映画館は平日でも休日でもほとんど人がいません。
旅行者の身としてはむしろありがたい時間帯なので、私もよく利用します。
そこで見逃した映画、もしくはどうしても帰る前に一度見たかった映画を見て、ホテルのチェックアウトまでの間や、お土産を買える店が開くまでの時間つぶしをしたりします。

以前はどこの映画館でも早場を設けていて、値段も安くて、上映から少し時間の経った映画や、リバイバル上映などをやっているので重宝しましたが、今は値段もラインナップも変わらない、そして早場そのものが減ってしまったのは、映画館がほとんどみなシネコンだからでしょうか?

さて、この時間帯、一番後ろの真ん中の席が埋まっていることはよくあるのですが・・・
もしかしたらそういうところに香港の映画人が座っているかも?
伊健に会えることもあるかも?
でも、おそらくそれは香港映画ではなくて、ハリウッド映画だったり、日本の映画のような気がします。
・・・それにしても、伊健の思い出はいつも「食」につながっているなあ(笑)


このコラムを書いているメイビスさんという人は、芸能プロモーターとして仕事をしていて、伊健の事務所の担当でもあるようで、ファンミとか、コンサートとかでよくお見掛けします。
(今回のパーティも私の席の脇で動画を撮っていました)
一度は伊健との記念写真にも一緒に入ったこともあります。日本人ファンとしては「えっ??このひと誰???」だったのですが(笑)、Facebookやインスタや微簿でよく伊健の動画や写真を載せてくれていますので、ありがたくチェックさせていただいております。興味がある方はググってみてくださいね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.02

写真アップしました(2017年6月)

あっという間に7月ですねえ・・・


タイトル通り、先月の香港旅行の写真をアップしました。(左サイドバー)

最近ココログも一度にアップできる容量が増えたので、作業はちょっぴり樂になりました。
(ほんとにちょっぴりですが)

伊健の奇跡の数枚&たなぼたで嬉しいレオクーの写真などお楽しみいただければと思います。


さて、たまにちょっと近況など。

香港から帰ってきてしばらくは元気だったのですが、先週末風邪をこじらせてひどい目に遭いました。
一晩中咳が止まらず、ひょっとして喘息発作か??と思ったものの、病院に行ったら風邪だそうです。
幸い薬を飲んだら症状が落ち着いてきました。

周囲でも私と似たような症状の人がちらほらいるので、皆様もお気を付けください。
しばらくはお酒も自重せねば。

(が、今週は平日夜のBBQ大会というのもあるんだな・・・完全復調できるのか。。)

そういえば、コンサートとかイベントとか、何気に伊健の記事もたまっていたんだっけ・・・
手が空き次第そっちもなんとかしたいと思いますが、原文はFacebook版のほうも合わせてご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.01

お久しぶりです

まる3ヶ月ぶりの更新です。
あっ、新年も旧正月もすっ飛ばしている!!
今更ですが今年もよろしくお願いします!

ツイッターは更新していたのでとりあえず生存していたのはわかっていただけてると思いますが…

3月1日は当ブログ発足の日であります。
2004年からだからもう12年経過したことになります。

香港愛は発足当初より多少薄れたように見えると思いますが、ベクトルの違うところへ向かっているというほうが正確かもしれません。
実は最近、料理教室にはまってて、先週はついに香港式ソーセージを習いに行きました。機会があればその辺の話もしたいところですが…

ブログという媒体の欠点かもしれませんが、とにかく長文を上げるには結構なパワーが必要で、家でパソコンに向かう時間も取れない今、さらに本体の更新頻度が落ちていくと思います。最初にツイッターを始めた時に危惧していた「本体の形骸化」は結局私も避けることはできませんでした。ただ、前にも書いたかと思いますが、ここは私自身のアーカイブも兼ねているので、当分やめるつもりはありません。

本業が落ち着いたら色々整理したいのですが、今年は今までにないくらい忙しくて、まだしばらく先が見えない状態です。ま、そういうストレス溜まりまくりの時こそビュン!と香港に飛んで行っちゃうかもですが。(珍しく今の職場ではカミングアウトしたので、そういう点では心置きなく飛べるのです。あとは休みが取れるかどうかと、私の体力がもつかどうか)

生存確認的にツイッターとかFacebookとかはスキマ時間でちょいちょい更新しますので、そちらもフォローよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.07.04

7月最初のエントリー・・・

おっと、気付いたら6月は2回しかアップしてなかった・・・

で、既に7月ですが。

残念ながら、伊健関連のニュースはこのところ特にございません。

6月中旬にTwitterでお知らせをしたとおり、しばらく更新をお休みしておりました。
本業がアホみたいに忙しかったということもありますが、一番大きな理由としては、6月半ばに旅行に出ていたので、その影響です。

行先は、今年初の海外で、香港ではなく(残念)、インドでした。

なんでインドか??という理由ですが、
高校時代の同級生が家族の仕事の関係で現在インドに住んでいて、遊びにおいでというお誘いがあったからです。

インドったら、私の中では重慶大厦のアヤシイインド人(「ニセモノ時計」を唱えて迫って来る、またはカレー屋の客引き)のイメージか、タージ・マハールとか、ガンジス川とか、世界遺産ゴロゴロ、だったのですけれども、時期としては雨季の始まりの少し前で、日本でもインドで800人以上が熱中症で死亡というニュースがあったかと思いますが、日中40度を超える猛暑のため、メジャーな観光地には行かないほうがよい、という状況の中、避暑のためヒマラヤ山脈を背にしたラダックという場所に行く友人一家についていきました。

高度は3500メートル、富士山よりも高く、草木もわずかしか生えていないような荒野をチベット仏教の寺院をめぐりながらドライブするという、その旅の模様は、追々写真をアップしようと思いますのでアルバムでみていただくとして・・・

普段おっかけ活動やっているような私が、山籠もりの修行みたいな旅だけしていたかというと、しっかり映画のロケ地も見てきております(笑)

その写真が、こちら。

P1150135


映画といっても、香港映画ではなく、インド映画。
日本でもヒットした「きっと、うまくいく」という映画のラストシーンに登場した、パンゴンツォという湖です。
この湖は中国に国境を接しているので、向こう岸はもう中国だったりします。だからインド軍がいたり、パスポートチェックがあったりとけっこうものものしい場所ですが、そして高度4500メートルの位置にあるので、ちょっと歩いただけで息切れがするようなとんでもない場所なのですが、ここまでの道のりが険しかっただけに爽快感ははんぱなかった。

ほかにも、どこまでも広がる月面のような荒野に、

P1150165

突如現れるチベット仏教の寺院とか。
P1150056


みなさまの想像するインドとはかけ離れた写真ばかりですが、
初めて訪れたインドは、私にとってかなり面白い国でした。

ビザを取りに行くところから、旅行社を決めてエアやホテルの手配をすること、
日本国内からとにかくトラブル続きで、何一つ順調にいかなかったうえ、
現地に降りたって現地ガイドと落ち合ったときの一言、
「残念なお知らせですが、あなたの今晩宿泊予定のホテルはクローズしています。フォーエバー、クローズ」
と言われた時には、ただ茫然とするしかありませんでした。

他にも、ホテルでの停電騒ぎや、乗り継ぎ先の空港で爆弾魔に間違われそうになり、飛行機に危うく乗れなくなりそうになったこと、5300メートルの峠越えでおっそろしいトイレに遭遇して、別の意味で気を失いそうになったこと、デリーの市場で押し売りに遭いそうになったこと、インドといえばお約束の下痢にみまわれたりなどなど、とにかくネタは尽きない旅でした。

こう書いてるとトラブルばっかりで、普通なら激怒するとか、インドの印象が最悪になるとかあるのでしょうが、それでも結果面白かったとか楽しかったとかいえるのは、旅を共にした友人たちのおかげでもありましたし、インドで出会った人々、一人として嫌な思いをさせられることがなかったからです。むしろみんな個性的で、しかも親切でいい人ばかりでした。
現地の友人によると、生活していると苦労もストレスも尽きないそうなんですが、まあ、私は旅行者なので・・・あと、安全第一で行動していたのでいいところ取りができたのかもしれません。日本人の常識がいろいろ覆される国ですが、それまで狭い国の狭い了見と、狭い人間関係に煮詰まっていた自分にとっては、なんか・・・そんなことどうでも良くなったというか・・・いままでくだらないことで悩んでたなあと笑えるようになったというか。

少なくとも、私はインドは嫌いにならなかったです。
むしろ好きかも(笑)
機会さえあれば、きっとまた行くと思います。
今度はタージマハルも、ガンジス川も、アジャンタ・エローラの遺跡もぜひ見たい!
途中、動物もたくさん見たけど、まだ象だけ見てないし!!

そうそう、最後に、このインドの旅、伊健つながりが一つだけあります。

去年の秋、伊健小春がペアを組んで世界一周レースに出た番組、「極速前進」。
あのインド編のゴールがこちら!!

P1150305

クトゥブ・ミーナール。

・・・・残念ながら、帰りにデリーの空港に行く途中で車中から一瞬、塔の写真を撮っただけなのですが、一応ね。
友達の家の親切な運転手さんが「降りて写真撮るか?」と言ってくれたのですが、既に大渋滞に巻き込まれそうで、絶対飛行機の時間に間に合わないと思われたので、断念しました。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.16

研修

研修
研修
今日は研修で田町に来ています。NLPという何やら怪しげな講座ですよ…詳しくは戻ったらゆっくり書こうと思いますが、周囲は管理職っぽい人ばかりでいささか場違いな気も…。でも内容は結構目からウロコです。うちの会社の役員に受けさせたい!(爆)
写真は今日のお昼です。周囲に店が少なく探すのが大変でしたが当たりでした!我ながらこういう嗅覚だけはすごいな(苦笑)

*******

実はこの講座、先月行くはずだったんですが、応募人数が達しなかったのでというので今日に変更になってたものなのです。だから、よほどマイナーな講座か、人気ないのかな…と思っていて。

会場は初めて行くところだったので勝手がわからず、着いたのが開始10分前。指定された教室に行ったら、テキストも機材もなく受付のスタッフもいなくて、開始時間を過ぎても始まる気配なし。私のほかに5人ほどいたのですが、さすがにみんなおかしいと思い始めたころ、あわててスタッフがかけこんできて「すみません、表の表示がまちがってました!」ということで慌てて本当の教室へ移動。入ってみると既に始まってるわ、席はほぼうまっておりものすごい熱気だわ、空いてる席は最前列しかないわ。うう、恥ずかしい。。

自己啓発やカウンセリング技術の一種ということで、スポーツ選手のメンタルトレーニングの話などの事例が多く、なかなかおもしろかったのですが、「焼き肉屋で愚痴る」以外のお金もかからず簡単なモチベーションの上げ方、それも限りなくプラスな方法があるんだなというのがわかって、明日から少しでも実践してみようかと思ってます。

さて、お昼は本当に食べるところのない場所なんですが、今日行ったところは13時過ぎるとコーヒーがサービス。あと、大盛り無料。もともと焼き肉屋さんらしいので、お昼は限定でステーキ丼とか、ロコモコ丼なんてのもありましたが、午後から眠くなると嫌だしあっさりしたかったので漬け丼にしました。けっこうマグロぎっしりでうまかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.06

銀杏

銀杏
銀杏
メタボ対策に徒歩で阿佐ヶ谷まで買い物に。といっても今日のノルマをようやく果たす程度の運動量…しかも新しいケーキ屋を発見したのでお試しに買ってきちゃった。意味なし(汗)
写真は青梅街道の銀杏、これまた綺麗ですね。昨日の強風にも負けなかったようです。
ここを東に向かうと最終的には会社へ着きます。勿論徒歩でやったことはない。だけど歩き慣れてくると「もしかしたらできるかも」とか思えてくるのがコワい(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.28

楽しみは「食」だけ

ようやく2週間ぶりの土日休みです。。


昨日は「歓送迎会」兼「暑気払」でフィニッシュ。

今回、三年間一緒に組んで仕事をしてくれたSEさんが退職することになり、代わりの人も決まったので焼肉屋で歓送迎会をやりました。男8割の職場で、女三人のテーブルが肉を一番早く完食したので、周囲から白い目で見られ(・・・いいじゃん。焼肉屋だったのが敗因だってば)、そして珍しく、100万年ぶりくらいに2次会まで行ってしまった(笑)

でも、正直言うと、大きいプロジェクトがちょうど動いている時なので、今の時期に一番熟知してる人に抜けられるのは本当に痛かった。春に上司が替わったのに続く大打撃です。

とはいっても時間は刻刻と迫っているので、いまの体制でなんとかするしかないのですが。。。

辞めるSEさんは私と同じ歳で、家族もあるのですが、会社をやめて、まったく別分野での資格を取るために学校に入りなおすんだそうです。
・・・私も見習わないとなぁ。

「何か始めるのに遅すぎるということはない」という論法が正しいのであれば、
私がいまの会社を辞めて、真剣に勉強を始めるのも悪くないのかもしれない。

とはいえ、ハードルは高い・・・。
いま抱えているものを、すべて放り出すにはかなり勇気が要る。
そんなことを言っているうちに歳だけとっていく。

さて、休みなし、延々残業続きになると、ごはんをちゃんと作ろうという気力も、食べたいものを想像する気力もなくなってしまうのが良くないところ。私にはご飯を作ってくれる家族はいないので、自分でなんとかするしかありません。

簡単にできて、お腹もいっぱいになるというとパスタですが、ちょっと同じものばかりだと悲しくなるのでちょっとアレンジ加えてみました。

キューピーの「たらこ」ソースに、ちょっと味が濃いので、そのままパスタにまぜるだけでなくて、具を増やしてみました。
(たしか、何かのテレビ番組で同じような料理をつくっているのを見たような気がする)

茄子一本を適当な大きさに切って、多めのオリーブオイルで揚げるように炒めて、油を切ってタラコソースとゆでたパスタと和えます。(ゆでたシメジなんかあったら一緒に入れてもおいしいです)
茄子には味付けは一切必要なし。タラコソース付属の焼き海苔と、粉チーズと、刻んだ小ねぎをふりかけてできあがり。
この組み合わせ意外と合うんですね~。よかったらおためしください。

Pht0707221906

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.25

喜喜

喜喜

地元の友達から第二子誕生の知らせ。正月に会った時、予定は7月と聞いていたのだけどすっかり忘れていた(ゴメン)。予定より少し早く産まれたそうだ。かに座の男の子…モテるぞ~(爆)。少なくとも私の知る範囲では。

メールには、あと二人出産を控えた友達がいることも書いてあった。みんながんばって私の分もどんどん産んでくれる。本当にありがたいことです。

先日、香港の伊健ファンから写真をもらった。三月に香港に行った時みんなで一緒に撮ったもの。眺めていたら不思議なことに気付いたのだけど、この中には香港人なのに、私の地元の友達に話し方や雰囲気がそっくりな人が何人もいた。
もっとも、どちらの友達も強烈なキャラクターの持ち主ばかり…類は友を、国際的にも呼ぶものだろうか?


※このエントリーの後、さらに一名妊娠発覚。なんなんだ今年は。金の豚効果かっ??

・・・それにしてもいよいよもって、一生お祝いを回収する機会には恵まれない気配が濃厚になってきたな、自分(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.22

休日出勤

ただいま会社。

先日の続きで結局作業しに出てきました。

通常の勤務中だと集中してできない苦行(笑)なのでちょうどいいのですが、音楽がなくてちょっと退屈かも…。

後ろで作業している先輩はiPod持ってきてました。さすがだ。

私は脳内ジュークボックスでがんばろう。ちなみに今日はなぜか王力宏です(笑)。午後は…なんか考えます。
「伊健じゃないの!?」ってつっこまれると痛いのですが、正直最近あまり聞いてなかったりする…。
「歌手である」ことが世間の記憶にあるうちに戻ってきてほしいですね〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧