カテゴリー「ニュース」の741件の記事

2018.06.01

伊健は脚本の勉強中


2018年5月31日 On.cc


ボランティアグループを率いて一日活動
鄭伊健、脚本を学び監督に

Bkn201805302100431270530_00862_001_

タレント鄭伊健は「国境なき医師団の日」の名誉大使として、「1+1」をテーマとして親友である林珊珊と協力し、イベント当日には一日ボランティアをすることになっている。

伊健は今回大使に任命されたのは林嘉欣とも関係があると言い、「彼女が僕を誘ったので参加することにした。そして、1+1のテーマによってサンサンに声をかけた。だんだん参加する人が増えてきて、最初に比べると膨大なパワーが集結したよ」
サンサンはこれを聞いてすぐ、傘下のタレントである林徳信や弟の林暁峰たちにも声をかけ、一緒にボランティア活動をする事にしている。

伊健は以前医師の役を演じたことがあり、また、最近では脚本の勉強を始めたという。いつか国境なき医師団をテーマにした物語で映画の脚本を書くのが夢だという。

Bkn201805302100431270530_00862_00_2

*****************

伊健が所属するサンサンの事務所の名前は「Lam&Lamb entertainment」というのですが、
それだけに所属俳優には「林(Lam)」さんが多いのかな?とか思った記事でした。
(偶然だと思うけどね)

伊健は前から監督をやりたいと話していたのですが、
いよいよほんとうに脚本を書きだしたのかな・・・


ひさしぶりにニュース訳を入れてブログ更新となっていますが、
最近はインスタで手持ちの生写真とかも上げていますのでよろしければごらんください。
いずれこちらのアルバムとも連動できればなと思います。
instagram


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.16

最終日はやっぱり伊健!!

2018年5月15日 香港01


鄭伊健、古巨基のコンサート最終日のゲストで登場
大の男がなぜステージでズボンをつかみ合うのか?


古巨基は昨晩香港コロシアムで「WE我們世界巡回演唱會―香港站特別版」の最終日を開催した。香港コロシアムから別れを告げて早7年、基仔はファンにサプライズを次々と贈り続けた。「浩南アニキ」こと鄭伊健をゲストに迎えただけでなく、基仔はステージに別れを告げがたく、時間オーバーで「本当のアンコール」として『勁歌金曲』を丸々全曲歌い、夜11時50分にようやく終演となった。

基仔は先日ステージから落ちたにも関わらず、演出には少しも影響ないように、以前と同じように歌い踊っていた。彼はまた自嘲して「今回は落っこちたおかげで、歌も踊りも良くなったみたいだ」と言った。しかも、今回の事故によって、奥さんとの絆も一層深まったようなのだ。基仔は「今回の怪我で病院に行って検査してもらったら、お尻が痛いからもしかして痣ができているんじゃないかと思って、パンツを半分下ろして奥さんに見せたんだ。そしたら、見て一言『痣はないようだけど、ブツブツがすごいわよ』だって…」基仔が言い終わる前に会場は大爆笑に包まれた。さらに続けて、「最高のお尻がほしいと思ったけど、でも嬉しいよ、こんな時でも冗談を言って自分の奥さんを笑わせることができたんだから。だから、今は、僕は家に帰るのが大好きな男になったんだよ!」基仔はステージ上でもこんな甘い事を話し、会場で見ているファンたちも当然喜ばせた。そして、「愛回家」を歌い出した。


基仔が「愛妻家ぶり」を披露した後、長年の友人である鄭伊健が登場し、二人で「一個為你甘去蹈火海的人」をデュエットした。その後、仲良さげに昔話をした。ステージには二人が以前共演した「笑看風雲」の時に撮った写真が映り、基仔は伊健に「どうして伊健は僕の下半身をつかんでるの?それも相当すごい力で摑んでるみたいに見えるけど、どういうこと?これって周星馳の『必殺アイアンクロー(『鹿鼎記』で登場する必殺技)』なの?ははは!」伊健はそれに対し「あの時ベンツさん(許紹雄)が君のズボンを引っ張って脱がそうとしてたから、僕が押さえてあげてたんだよ!覚えてないの?はは!」と答えた。そして、二人は当時の再現として、ズボンをおさえる姿でツーショット写真を撮った。


もう既に何度か見に来ているファンはわかっていると思うが、基仔はアンコールの時に真っ赤な80足のスニーカーで作った「ガンダム風」の衣装を来て登場し、あるネットユーザーからは「伊勢海老ドレス」とからかわれている。基仔はステージでユーモアの本領を発揮してネットユーザーに「反撃」した。「ねえ、もうこの服を『伊勢海老』とか言わないでよね、僕は怒ってるんだよ!それと伊勢海老には「あの」奥さんがいるんだよ、彼女の伊勢海老ドレスのほうがひどい、僕のほうが彼女の10万倍マシなんだから!」


コンサートのアンコールの最後に、基仔は「愛與誠」「友共情」、それから「任天堂流涙」、「眼晴不能没眼涙」「重覆犯錯」などのヒット曲をメドレーで歌い、時間は夜11時半になり、会場は電気がついて観客が続々と帰り出した頃、なんと基仔は「本当のアンコール」としてサプライズで登場した。「7年ぶりに戻ってきたから、僕だって帰りたくないよ!」そして多くのネットユーザーに支持されている「逆時光」を歌った。基仔はまた、「もしカラオケに行ったら、最後は絶対『勁歌金曲』を歌うよね!僕がみんなに歌ってあげるよ!」会場のファンは全員狂喜乱舞し、黄色い叫び声を上げていた。基仔はまた会場中を駆け回り、最後の最後はこの際とばかりにファンたちの近くへ会いに来た。コンサートは夜11時50分に無事終了した。


Ekin_leo

伊健登場!

Ichaicha


いちゃいちゃ


Daudau


だうだう


**************

ベンツ兄貴がほんとうにパンツを下ろそうとしていたのかは謎ですが(爆)
この態勢だとどう見ても伊健のほうが下ろそうとしていたんじゃないかとか(爆)
・・・なんつっても最終日は大盤振る舞いだったようです。
私はその前日に帰ってきたので、家で伊健登場を知りました(泣)

お兄ちゃん枠はもう一回あったのねえ。。

まーでも、追加がエアもホテルも押さえた後で出てきた時からなんとなく覚悟はしてたし、ゲストで十何年ぶりのアンディ兄さんとか、これまた十何年ぶりの生古天楽とかが見れたので、それはそれでよかったです。
レオクーにしても前回のコンサートから7年も経っていたんですね!!
今回は追加を除く本公演の三回は全部見ましたが、何度聞いても飽きないし、やっぱりいい声です。

私の初日となる二日目にいきなり転落事故が起きたのでハラハラしましたけど・・・
そこからのレオクーは本当にプロ根性の人でした。

痛かっただろうし、何より高所から落ちたことでショックが大きかったと思うのですが、
下から上がってきた直後にはみんなを気遣ってか、自分を落ち着かせようとしてか、
「だいじょうぶ、だいじょうぶ」をずっと繰り返しながら歩きまわっていました。
(伊健と比べても、弟キャラとか言っててもほんとうはこの人のほうがしっかりしている・・・と思う)

声だって、最初の二曲目まではあまり声がでてないなあと感じていたのですが、落ちた後は別人のように声が通っていました。
(本人は次の日にお医者さんから「首の打撲のおかげで喉が開いたんじゃないか」と言われたそうですが)

ダンスも、今回はそれほど激しい動きはなかったとはいえ、普通打ち身の人がすぐ踊れるかと言われたら、なかなか体も動かないと思うのですが、知らない人が見たら本当にいつもどおりのレオクーでした。

ああでも、無事でほんとうによかった!
無事だから最終日に伊健とのいちゃいちゃぶりも見られたのだしwww

で、次は伊健の番だからね!
待ってるからねー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.04

友人達と映画鑑賞

2018年5月4日 壹週刊


【永遠の30歳】30代のボディをキープ
50歳の鄭伊健、友人達と優先席で映画鑑賞



最近多くの人々が先を争い見に行っている「アベンジャーズ・インフィニティウォー」。映画館は連日人で溢れている。伊健と友人達も映画館を訪れた。あれ?奥さんの蒙嘉慧の姿が見当たらないようだが…実はYoYoは既に一足先に友達と映画館に着いていたのだ。だが、映画館の一般開場前に伊健達は先に入場していた。さすがは浩南アニキの特権だ。

ところで、今休暇中という伊健は、こんなささやかな気晴らしで満足できるのか?それに、96年の映画と比べても伊健の今の体型はさほど変わらないように見える。もちろん!彼が出演する「黄金兄弟」はもうすぐ上映が始まるし、そのときにはあちこち宣伝に駆けずり回らないといけない。見た目をキープし、太ったチンピラおじさんになるわけにはいかないのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.01.16

伊健の今年の目標

2018年1月15日 頭條日報 

鄭伊健、もはや引退を考えたことはない
新年の目標は『古惑仔』仲間と宣伝のためにベストを尽くすこと

2018015_headlinenews_ekin

【写真】伊健はCMの特撮が映画に似ていると笑う。心はいつも親友たちとの映画でつながっているのだ。

イケメン鄭伊健は先日ある老後の保障計画に関するCMを撮影したが、それは映画の撮影に似ていて、茶碗や皿が空を飛び、彼がその食器を避けるというもので、特殊効果満載のものだ!老後の計画について聞かれた伊健は率直に「もちろんあるよ!でもそれは以前のことで、今はわりと考えなくなった。だって以前引退したいと思っていたころは、早く仕事をやりつくして、もっと自分の時間がほしいと思っていたからなんだ。今は違うよ、やらなければいけないことにも時間の配分がうまくできて、家族との時間を楽しむことができるなら、引退のことを考えることもないしね!」

伊健はいまも仕事が大好きで、しばらくは引退後の計画については考えないというが、以前は引退した後は飲食業界への転身を考えていたという。伊健は笑って、「もし芸能界の仕事を辞めたら、レストランを開くと思う。人が食事をするのを見るのは楽しいし、自分でも幸せな気持ちになる。そういう風に生活できたら一番いいだろうね!」

2018年に入り、伊健のグランドプランは親友たちのため宣伝に尽力するということで、去年は「古惑仔」の親友たち、陳小春、謝天華、林暁峰らとの共演で『黄金兄弟』を撮影した。監督は錢嘉樂で、今年もうすぐ上映になる。だから、彼らはみんなで宣伝に全力投球し、一番の願いはアジア全土で上映されることだ。個人的には。歌のほうでも努力を続けて、またCDをリリースすることだという。


*******************

↑そのCMはこちら。

新年も二週間経過しましたが、2018年最初の投稿です。
今年もよろしくお願いします。
とりあえず最初が久々の伊健の話題でよかった!
が、個人年金保険のCMとは、やはり伊健も年相応ということなのか⁈


そういえば、伊健若かりし頃の逸話に、「芸能界で成功したらさっさと引退して、大家さんになる」というのがありましたが・・・。
それを聞いたサンサンが嘆いたとか嘆かなかったとか。

最近あまり表舞台での活動を見ない伊健でも、引退する気はないというのを知って、ファンとしては一安心。
ここ数年はマイペースで仕事をしているし、大きな仕事に入る前には必ず奥さんと一緒に旅行に出るというルーティーンもあるのでこんな発言になるのでしょう。うらやましい生活。。と今年の正月休みが半分なくなった私は思うのでした。(いいもん代休とって香港行ってやるぅ・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.03

長髪にはテクニックが必要



2017年12月3日 明報即時新聞



【紅館初コンサート】陳柏宇はアイドル鄭伊健のマネをして長髪に 「お嬢ちゃん」と呼ばれた



デビュー11年の陳柏宇(ジェイソン)はついに香港コロシアムでコンサートを開くという念願を叶え、2公演の『陳柏宇スピーチレスコンサート2017』が昨日開催され、会場は満員御礼、ジェイソンの奥さんの符暁薇、周柏豪や連詩雅らが鑑賞した。

ジェイソンのパフォーマンスは素晴らしく、美しい歌声を披露した上に、ギターの弾き語りで鄭伊健の『動地驚天愛戀過』も歌い、歌の途中で伊健がサプライズ登場した。元々ジェイソンにとって伊健はアイドルだったそうで、「子供のころは伊健が大好きで、彼は今でも自分よりも若くてかっこいい。以前僕も伊健みたいな長髪にしようとしたけど、会う人会う人みんなに「お姉ちゃん」とか「お嬢ちゃん」とか呼ばれた。伊健みたいにイケメンで高度なテクニックがない限り、伊健のマネをして長髪にするのはやめたほうがいい」と話した。

(後略)

20171203_hkclm_jason


***************

絶対出ると確信して行くと出ないし、
全くノーマークのところで出ることもある・・・
最近の伊健は神出鬼没です(笑)

今回は若手(といっても11年目)のコンサート、しかも接点が不明だったので、ほとんどの人がノーマークで、現地の行けなかったファンからは驚きの声も。事務所によれば、レコード会社が一緒で(たぶんソニーのことだと思う)そのつながりだそうです。


次回は不意打ちなしでお願いしたい・・・


そういえば、ことしもあと1か月を切りました。
隙を見て香港とか行けないか??と思ってたのですが、どこの土日も中途半端に予定が入っており、このままでは行くことはないでしょう。。来年に賭ける!!(とはいえ新年早々修羅場の予感が)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017.10.28

お祭り男が太鼓を叩く


2017年10月27日 蘋果動新聞

陳小春、桃園で古惑仔の絆は続く
ジャスパーの子役スターの道はありえない


古惑仔が帰ってきた!映画『古惑仔』のスタッフにより全く新しい内容で製作されている『黄金兄弟』は曾志偉がプロデューサーを、錢嘉樂が監督し、鄭伊健や陳小春などが主演する。現在台湾桃園神社でロケ中で、報道陣に特別に取材が許され、「酒を奉納する儀式」のリハーサルを覗くことができた。現場のセットは日本式で、「大山神社」ののぼりが一段と目を引く。約30人の舞姫と担ぎ手が神輿を担いで神殿へ入る場面は盛大で、仲間たちが気持ちを一つにして祭りのために太鼓を叩いた。

曾志偉はこの映画について、男のロマンを描写したアクション映画であると語っていて、鄭伊健はアクションシーンで肩の靭帯を痛め、陳小春は北京の撮影で腰の筋肉を傷めており、一度は小春が子作りできなくなるのではと心配したようだ。陳小春は怪我の後ずっと奥さんの應采兒に黙っていて、病院に行って初めて彼女に説明をしたのだが、彼女の反応は「あっそう」だけだった。幸い二人ともすっかり回復し、子作りにも影響はない。

陳小春の愛息ジャスパーは内地のテレビ番組「パパはどこ?」の出演で大人気になり、今回の現場でも再三彼の話題が出たが、映画に出演するチャンスはないのだろうか?陳小春はそれは錢監督にまず聞かないと、と笑い、その後、バラエティ番組への出演は子供の夏休みのイベントの一環で、将来にわたって芸能界で活躍する予定はないと話した。錢嘉樂監督はジャスパーは今は大人気だからオファーしても受けてもらえないだろうと笑った。

映画の予算は2億人民元(台湾ドルで約10億ドル・日本円で約37億円)を超え、成龍、曾志偉、邱瓈寬も投資している。台湾での撮影は来月4日から5日まで行い、曾志偉はさらに冗談で、台湾でクランクアップするのは陳小春に結婚前の娯楽を味わせるためだと話した。


映画では大金を投じてポルトガル、モンテネグロ、日本などでロケを行っているが、詳細はこれまですべて秘密にされていた。ストーリーは、獅王(鄭伊健)、火山(陳小春)、淡定(錢嘉樂)、老鼠(林暁峰)、ビル(謝天華)の5人の生死を共にすることを誓った仲間が、恩師の曹先生(曾志偉)に率いられ、アフリカの子供たちを救うために薬を盗むが、取り違えて金塊を盗んでしまい、銃弾の雨が降る危機に陥るというものだ。


*******************

Photo

お祭り男たちw

久々に映画の話題です。それもちゃんと取材ありきの・・・
なので報道陣の数が半端なく、情報もたくさん来てます。
この額が本当かどうかは知りませんが、えらくお金もかかってる模様。

昨日はたまたま家にいたので、生中継を楽しみにしていたのですが、開始が30分遅れた上にあっという間に終了し、しかも半分以上聞き取れない國語だった(不思議なことに、広東語だと何を言っているかわからない曾志偉の北京語が一番聞き取りやすかった)ことに軽ーく失望しつつ、でもあんまり理解できないような気がしていたわりに、半分くらいはわかったのは子供の話がほとんどだったからかも。

伊健自体はあまり話してなかったですが、発音が悪いと言われているわりにほかのメンバーに比べても遜色なく発音できるようになっていて、ここ数年の大陸での仕事の成果でしょうか。

まあ、いろいろツッコミどころの多い記事なのですが、やっぱりインタビュー中の下ネタは健在なのねとか、役名は見た目で決めたのかとか(伊健が獅王って・・・)、小春の息子は既に父を超えたらしいとか(お父さんの完全コピーでマジ可愛いし、すれてない子供らしさが全面に出ていてとにかく面白い)。

あとは・・・来月頭まで撮影中とのことですが、伊健は11月5日の夜はバッタコンに出ると事前告知していて、本当に大丈夫なのか??(それを見越して渡航しちゃうことにした人としては若干ドキドキものなのですが)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.09

伊健「50歳」生日快楽

2017年10月2日 東方網

動画あり


もうすぐ「50代」鄭伊健制服姿で誕生日を祝う

Ekin1001__2

鄭伊健(伊麺)はまもなく正式に「五(50歳)」に突入するが、300人のファンが制服やアニメのコスプレでパーティに参加、伊麺も純情な学生服姿でかっこよく登場し、歌の時には感極まって目をうるませるも、ファンがみな大合唱で支えた!大親友の草蜢もシークレットゲストで登場して誕生日ケーキを贈り、伊麺には大きなサプライズとなった!

草蜢がサプライズゲスト

伊健とファンはパーティではゲームをし、まず「借り物競争」のゲームでは「誰か彼の短髪時代の写真を持っていないか?」との問いに、なんと数十名のファンが争ってステージに詰め掛け、ちょっとその場が混乱した。このことで多くのファンが財布の中に昔のツーショット写真をずっと持っていることが発覚した。最後にはシークレットゲストとして草蜢がハッピーバースデーを歌いながらケーキを持って登場し、蔡一智が笑いながら「50代へようこそ」と言い、彼にとっては忘れられない「50歳」を祝った。それから伊健が実は草蜢のコンサートではバックステージの「軍師」であると言い、毎回コンサートの時にはリハーサルにいつも現れて意見を言うのだという。一智はまた、伊健に再びコンサートを開いてほしいと話し、それに応えて会場中が「いいね!」の声を上げた。また、観客の要望に応えて草蜢と伊健は一緒に「友情歳月」を歌った。

伊健はバックステージに戻ってくると、ただファンとパーティができてとても嬉しいと答え、感激のあまり泣いていたのでは?と聞かれると「そんなことないよ!歌に入り込んだからだよ!楽しかったよ!」と言い、誕生日の願い事を質問されると「みんなに楽しみを伝えられること、それをみんなが他の人に伝えてほしい、簡単でしょ」と答えた。

*****************

2017年10月2日 明周


【学生服姿は超純情】鄭伊健『爸爸的汽水』で感動のあまり涙?!


10月4日(木)は浩南アニキこと鄭伊健の50歳の誕生日で、先日300人のファンとアニメのコスプレパーティで誕生日を祝った。伊健は全身を純情な学生服姿で登場、動画上では彼はパーティで多くのヒットソングを歌い、『爸爸的汽水』の時には感動のあまり目をうるませ、その場にいたファンも歌詞をよく知っていたのですぐに大合唱して、体を挺して伊健の誕生日を祝福し応援した。

数えてみると、実は伊健はもう3年もファンクラブのパーティを開いていないが、今年はデビュー30周年の大事な日を世界各地から来たファンたちと祝った。その中には中国、日本、台湾や地元香港のファンたちも含まれている。また、事前にいかなるプレゼントも受け取らないので、心あるファンはチャリティ団体に寄付をして、助けを必要とする人に手を差し伸べ、善意と正のパワーを伝えてほしいと話している。

パーティの最後には、シークレットゲストとして草蜢がハッピーバースデーを歌いながらケーキを持って登場した。蔡一智が伊健に50代突入を歓迎すると笑い、伊健の忘れがたい「50歳」を祝った!パーティ終了後、伊健にさきほど感動して泣いていたのでは?と質問すると、笑いながら「そんなことないよ!歌に集中してたからだよ!楽しかったよ!」と話した。誕生日の願い事については「誕生日の願いは、みんなに楽しいことを伝えられて、それがみんなに伝わっていくこと、とても簡単でしょ!」


*************


2017年10月2日 明報即時新聞

※動画あり、音出ます!

草蜢のサプライズプレゼント 鄭伊健30年前の「学生王子」姿を再現 50歳を祝う

鄭伊健は10月4日ついに50代を迎えるが、先日300名のファンと大々的にコスプレパーティを開いた。伊健は30年前に出た「陽光檸檬茶」のCMを再現、全身を純情な学生王子姿でかっこよく登場した。一緒に登場した親友陳光榮も同じ制服姿で、学園祭のコンサートを再現、『如果陽光』『動地驚天愛戀過』『友情歳月』『Together』を歌った。『爸爸的汽水』では感動のせいか声を詰まらせ目はうるみ、会場全体のファンたちが大合唱し、とても感動的な場面だった。親友の草蜢がケーキを持って登場し、伊健にサプライズプレゼントした。

*************

2014年10月4日
Yahoo娯楽ニュース


最もかっこいい古惑仔・陳浩南
伊麺・鄭伊健の映画は香港のバイブルとなった

古惑仔「伊麺」こと鄭伊健の50歳のお誕生日おめでとう!最も人気のある男性歌手の一人である彼は、香港第5の天王とも呼ばれ、歌も演技も定評がある。1986年に新人オーディションをきっかけにデビューし、「陽光檸檬茶」のCMは彼の代表作の一つとなった。子供番組『4時半のドリル』出身の彼はドラマに出演し始めるとまもなくTVBの人気男優となった。1992年にはファーストアルバムを発売し、その年の叱咤楽壇賞の最優秀新人賞を獲得、翌年のアルバム「サハラ」では勁爆靚人大獎を獲得した。その実力は過小評価されるべきではない。のちに彼は歌「一生愛你一個」で一気にスターダムに乗り、当時長髪にしていたことが個性的でまた斬新だったため、長髪は次第に彼の独占的なトレードマークとなった。

1994年には伊麺はドラマ「笑看風雲」で包文龍を演じ、劇中では陳松伶と恋人同士を演じ、その演技が多くの視聴者を感動させた。鄭伊健といえば、マンガ原作の映画シリーズ「古惑仔」の中の陳浩南を挙げないわけにはいかない。彼とそのほかの仲間、陳小春、謝天華、朱永棠と林曉峰が劇中で見せる友情は、劇中を「男気」の二文字で貫かれており、このシリーズは「香港映画」を例える代名詞となっただけでなく、香港という地域に「義理人情」という文化的伝説を開花させることとなった。

そのほか、伊麺は前後してコミックを原作とした映画の中で重要な役柄を演じ、例えば『風雲』『中華英雄』から『Feel100%』などのシリーズは彼の代表作となり、彼自身が主題歌を歌ったことで多くの人々の記憶に残っている。
かつて邵美琪と梁詠琪との三角関係から発生した『奪麺雙琪』事件や、『古惑仔』のイメージが強すぎたため仕事が低迷したこともあったが、幸い2006年に出会った蒙嘉慧とは相性も良く、7年間の交際ののち2013年に正式に入籍し、幸せな生活を送っている。みんなの心に残る伝説を残してくれ、そして最近新『古惑仔』の撮影に追われている伊健にありがとう、そして10月4日の誕生日おめでとう!


************************


伊健も今年ついに50歳になりました!

今回は、珍しく取材の入っていたらしいファンミのため、記事がたくさん出ていますのでご紹介。
最後の記事は、伊健の芸歴も含めてのまとめ記事になっています。


今年のお誕生会はファンクラブ成立30周年の節目というのもあり、土瓜灣にあるケリーホテル(新しいホテルです)で大々的に開催されました。
出席者は香港以外はほとんど中国からのファンでした。なので、会場もホテルの大宴会場二つをつなげ、24卓のテーブルが配置されました。私の記憶にあるかぎりファンミでここまででっかいのは・・・なかったかと。
私も今回は香港FC枠で行ってきました。
前回ほど席は近くなかったのでほんとうに少しですが、後で写真もあげます。
(いい写真はFacebookやスタッフのインスタなどで沢山みられますので、きれいな写真はそちらでどうぞ)

三年ぶりに間近で会う伊健は、相変わらず元気そうで楽しそうでした。
歌も途中で感極まったりしてましたが、正直私、途中まで「やだぁ、伊健歌詞忘れ??」とか思ってました。
なにしろかなり遠かったもんで(言い訳)。
日本チームは前列だったからよく見えたのではないでしょうか?

ちゃんと歌った歌のほうは、いつもより心もちねっとり系(笑)だったのですが、
伊健も最近大人の歌い方を覚えたな・・・ふふふ、というので密かに喜んでおりました。

途中、ケーキを運んできたのがバッタの三人で、会場はこれには大興奮!
その場で伊健が11月5日のコンサートにゲスト出演することも発表されました。
事務所が同じなのでバーターといえばそうなのか??
そういえば、司会は3年前のファンミに続き、サンサンの娘の西瓜がつとめましたが、
3年経ったらお化粧がすっかり大人っぽくなってきれいになっていました。
さすが芸能人一家・・・


今回は距離は遠いし、ゲームは一拍以上反応が遅れるので参加できず、コスプレは時間もアイデアもなしでパス(伊健には明らかにがっかりされる、非協力的なファン)、で基本放置プレー状態だったのですが、歌もいつもよりたくさん歌ってくれたし、3年会ってなかった友達にも久しぶりに会えたし、集合写真だけど一緒に写真も撮ってもらったのでよしとしましょう、ってことで。

Img_8143

私の席から撮れたいちばんまともな写真。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.09

ますます長髪

2017年8月8日 On.cc


蘇永康、子連れで注目
鄭伊健、古惑仔時代の長髪に戻る








タレントの鄭伊健は映画「風雲」の聶風を彷彿とさせる長髪で友人の誕生日パーティに出席し、「風雲」時代に戻ったと言われ笑いを取っていた。伊健は前日まで親友の錢嘉樂が監督する「古惑仔」シリーズ映画の撮影が忙しかったと言い訳し、今は夏休み中なので9月になったら再開すると言った。「この前はヨーロッパと日本でロケをしたから、今度はどこに行こうか考え中。多分砂漠だね、だから長髪にしておかないとね!」

隣にいた林嘉欣は横から口を挟み、9月になったら伊健の神はもっと伸びてるはずと言った。実は伊健、この映画のために他の多くのオファーを断っていると言い、「こんなに撮影に時間がかかるとは思ってなかったよ!(親友のためだから?)みんなのためだからだよ!」

蘇永康は4ヶ月になる息子のジャズをおぶって出席すると言っていたが、子連れで華やかな場に登場するや、その場の注目を一身に浴び、息子は取り囲まれて写真攻めにあっても驚きもせずに、とても落ち着いていた。息子が成長したら歌手にしたいかと聞かれ、蘇永康はすぐ「そんなこと言わないで!」と答えていた。ジャズは本当に可愛らしく、みんなが夢中になり、伊健や梁漢文らが争って彼の相手をして遊んでやっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.07

伊健、閉所恐怖症を告白

2017年8月1日 明報即時新聞

鄭伊健、閉所恐怖症を暴露する:今回の吹き替えはとても辛かった

鄭伊健と大親友の林暁峰(阿Lo)と麥明詩は今晩彼らが声優をつとめたアニメ『絵文字の大冒険』の上映会に出席した。伊健は今回が初めてのアニメの吹き替えで、最初から最後まで声の出演をしているが、「僕は閉所恐怖症で、以前ヤクザ映画を撮っていたときでさえ自分の声でアフレコするのを拒んだほどなんだ。だから今回の吹き替えは本当に辛かった」と話した。麥明詩はそれに対し、自分が一番つらかったのは伊健と阿Loの相手をすることだったと笑い、それは二人がああ言えばこう言うで、しかも回転が速くて、相手しきれなかったのだそうだ。

20170801_emoji

***************

またすてきなシャツを着用中でwww

伊健の出世作『古惑仔』の第一作目は本人の声ではありません。
また、『人魚伝説』も本人の声ではありません。
『古惑仔』で本人の声が聴けるのは2作目以降からです。

さらに古いテレビドラマは本人の声なのですが、映画がなぜか本人の声でないことをずっと不思議に思っていました。その裏にそんな理由があったとは・・・

そういえば、伊健にはほかにも「恐怖症」があって、「座学恐怖症」というのも以前に言ってましたね。
(じっと座っていられないという)
その代わり、高所恐怖症はないらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.09

絵文字の大冒険


2017年7月4日 頭條日報


鄭伊健とのラブシーンを逃した!麥明詩「損した!」


鄭伊健、林暁峰、麥明詩は映画『絵文字の大冒険』の吹き替えを行い、絶えず笑爆弾を放っている。伊健が吹き替える役「阿基」は面白い役で、伊健は「今まで演じてきた役は比較的クールな役柄だけど、今回の阿基は表情が豊かで、吹き替えのときは、ついに自分の新たな一面を発揮できたと感じたよ!」

麥明詩は初めての吹き替えで、とても楽しかったけれどもちょっとがっかりしたそうで、ため息をついて、「劇中伊健の演じる阿基とは恋愛関係にあって、本人と一緒に演じられると思ってたのに、別々で吹き替えしたのよ、損した!!」





写真からしてハイテンション


予告編

予告編はこちら。
新たな伊健。なるほど。



香港は8月3日公開です。
一日あれば映画みられんじゃね?的な。
弾丸旅行画策中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧