2017.12.03

長髪にはテクニックが必要



2017年12月3日 明報即時新聞



【紅館初コンサート】陳柏宇はアイドル鄭伊健のマネをして長髪に 「お嬢ちゃん」と呼ばれた



デビュー11年の陳柏宇(ジェイソン)はついに香港コロシアムでコンサートを開くという念願を叶え、2公演の『陳柏宇スピーチレスコンサート2017』が昨日開催され、会場は満員御礼、ジェイソンの奥さんの符暁薇、周柏豪や連詩雅らが鑑賞した。

ジェイソンのパフォーマンスは素晴らしく、美しい歌声を披露した上に、ギターの弾き語りで鄭伊健の『動地驚天愛戀過』も歌い、歌の途中で伊健がサプライズ登場した。元々ジェイソンにとって伊健はアイドルだったそうで、「子供のころは伊健が大好きで、彼は今でも自分よりも若くてかっこいい。以前僕も伊健みたいな長髪にしようとしたけど、会う人会う人みんなに「お姉ちゃん」とか「お嬢ちゃん」とか呼ばれた。伊健みたいにイケメンで高度なテクニックがない限り、伊健のマネをして長髪にするのはやめたほうがいい」と話した。

(後略)

20171203_hkclm_jason


***************

絶対出ると確信して行くと出ないし、
全くノーマークのところで出ることもある・・・
最近の伊健は神出鬼没です(笑)

今回は若手(といっても11年目)のコンサート、しかも接点が不明だったので、ほとんどの人がノーマークで、現地の行けなかったファンからは驚きの声も。事務所によれば、レコード会社が一緒で(たぶんソニーのことだと思う)そのつながりだそうです。


次回は不意打ちなしでお願いしたい・・・


そういえば、ことしもあと1か月を切りました。
隙を見て香港とか行けないか??と思ってたのですが、どこの土日も中途半端に予定が入っており、このままでは行くことはないでしょう。。来年に賭ける!!(とはいえ新年早々修羅場の予感が)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017.11.01

タイトルバナー

おはようございます。

スマホで見ている方にはわからないのですが、タイトルバナーを二年ぶりに更新しました。
(PC表示に切り替えると見えます)

ようやく「黄金兄弟」も正式タイトルになり、ポスターも公開になりましたので…ちょっと縦長で見づらいとは思いますが、上映まで応援していきたいと思います!

しかし、銭さんは巨匠であるからして、
もうちょい名前を前面に出してもいいと思います!

現在台湾で絶賛撮影中の伊健たちですが、
撮影よりグルメスポット出没の方が多いかもw



火鍋屋とか



こちらは台湾の俳優・劉畊宏夫妻と。

仕事も遊びも楽しみます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.28

お祭り男が太鼓を叩く


2017年10月27日 蘋果動新聞

陳小春、桃園で古惑仔の絆は続く
ジャスパーの子役スターの道はありえない


古惑仔が帰ってきた!映画『古惑仔』のスタッフにより全く新しい内容で製作されている『黄金兄弟』は曾志偉がプロデューサーを、錢嘉樂が監督し、鄭伊健や陳小春などが主演する。現在台湾桃園神社でロケ中で、報道陣に特別に取材が許され、「酒を奉納する儀式」のリハーサルを覗くことができた。現場のセットは日本式で、「大山神社」ののぼりが一段と目を引く。約30人の舞姫と担ぎ手が神輿を担いで神殿へ入る場面は盛大で、仲間たちが気持ちを一つにして祭りのために太鼓を叩いた。

曾志偉はこの映画について、男のロマンを描写したアクション映画であると語っていて、鄭伊健はアクションシーンで肩の靭帯を痛め、陳小春は北京の撮影で腰の筋肉を傷めており、一度は小春が子作りできなくなるのではと心配したようだ。陳小春は怪我の後ずっと奥さんの應采兒に黙っていて、病院に行って初めて彼女に説明をしたのだが、彼女の反応は「あっそう」だけだった。幸い二人ともすっかり回復し、子作りにも影響はない。

陳小春の愛息ジャスパーは内地のテレビ番組「パパはどこ?」の出演で大人気になり、今回の現場でも再三彼の話題が出たが、映画に出演するチャンスはないのだろうか?陳小春はそれは錢監督にまず聞かないと、と笑い、その後、バラエティ番組への出演は子供の夏休みのイベントの一環で、将来にわたって芸能界で活躍する予定はないと話した。錢嘉樂監督はジャスパーは今は大人気だからオファーしても受けてもらえないだろうと笑った。

映画の予算は2億人民元(台湾ドルで約10億ドル・日本円で約37億円)を超え、成龍、曾志偉、邱瓈寬も投資している。台湾での撮影は来月4日から5日まで行い、曾志偉はさらに冗談で、台湾でクランクアップするのは陳小春に結婚前の娯楽を味わせるためだと話した。


映画では大金を投じてポルトガル、モンテネグロ、日本などでロケを行っているが、詳細はこれまですべて秘密にされていた。ストーリーは、獅王(鄭伊健)、火山(陳小春)、淡定(錢嘉樂)、老鼠(林暁峰)、ビル(謝天華)の5人の生死を共にすることを誓った仲間が、恩師の曹先生(曾志偉)に率いられ、アフリカの子供たちを救うために薬を盗むが、取り違えて金塊を盗んでしまい、銃弾の雨が降る危機に陥るというものだ。


*******************

Photo

お祭り男たちw

久々に映画の話題です。それもちゃんと取材ありきの・・・
なので報道陣の数が半端なく、情報もたくさん来てます。
この額が本当かどうかは知りませんが、えらくお金もかかってる模様。

昨日はたまたま家にいたので、生中継を楽しみにしていたのですが、開始が30分遅れた上にあっという間に終了し、しかも半分以上聞き取れない國語だった(不思議なことに、広東語だと何を言っているかわからない曾志偉の北京語が一番聞き取りやすかった)ことに軽ーく失望しつつ、でもあんまり理解できないような気がしていたわりに、半分くらいはわかったのは子供の話がほとんどだったからかも。

伊健自体はあまり話してなかったですが、発音が悪いと言われているわりにほかのメンバーに比べても遜色なく発音できるようになっていて、ここ数年の大陸での仕事の成果でしょうか。

まあ、いろいろツッコミどころの多い記事なのですが、やっぱりインタビュー中の下ネタは健在なのねとか、役名は見た目で決めたのかとか(伊健が獅王って・・・)、小春の息子は既に父を超えたらしいとか(お父さんの完全コピーでマジ可愛いし、すれてない子供らしさが全面に出ていてとにかく面白い)。

あとは・・・来月頭まで撮影中とのことですが、伊健は11月5日の夜はバッタコンに出ると事前告知していて、本当に大丈夫なのか??(それを見越して渡航しちゃうことにした人としては若干ドキドキものなのですが)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.21

誕生日パーティの写真アップしております

こんにちは。

10月1日のファンミーティングの写真をアップしております。
諸事情によりあまりきれいな写真はございませんが、左サイドバーより雰囲気のみお楽しみください。

むしろ動画のほうがうまくとれていたように思うのですが、
ここで公開するか、Facebook版で公開するかはちょっと考えます。
(いろいろ余計なものが写りこんでるので・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.15

照れ臭かったんだと思います。。


2017年10月12日 東周刊 遂心如爾(梁爾紋)


心にもないことを言う


口で言うことと心で思っていることは必ずしも一致しない。

口に出したことが内心考えていたことと違っていたことはありませんか?

10月4日は鄭伊健の誕生日だった。もう三年間ファンとパーティを開いていなかった彼は、今年のデビュー30年の記念日を期に、300人の世界各地から来たファンたちと大コスプレパーティを開催した。ファンたちは楽しそうに精いっぱいのコスプレを、アラレちゃんや、中華英雄や、セーラームーンや、マリオブラザーズやカオナシの姿をして、とても盛り上がった。

伊健は事前にファンたちに誕生日プレゼントは要らないので、その気持ちはチャリティ団体へ寄付して、ほかに助けを必要とする多くの人に役立ててほしいとアナウンスをしていた。彼の誕生日の希望はとてもシンプルで、みんなにプラスになるパワーを分けてあげたい、そしてそれがみんなに伝わっていってほしいというものだ。

ファンたちと30年を共にしてきて、人生の酸いも辛いも、年月がはぐくむ友情も味わい、純情な学生服姿でかっこよく登場した伊健は、歌の時に思わず声を詰まらせ涙を見せ、その後ファンがすぐ一緒に全員で大合唱した。感動的でしょう?

ステージの下にいた私も、こっそり涙を拭いた。

バックステージに戻ってきた彼は、またいつものようにえへへと笑って、感動したわけじゃないし涙も出てないよと言った。

内心と言っていることが違うというのはこのことだ。

そこで私が思い出したのは、ある親友と午後のお茶をしていた時の話だ。彼女は息子が成長したので肩の荷が下りた、以前みたいに学校の送り迎えをする必要がなくなったので、自分の時間も増えて、自分の好きなことができると言っていた。

ずっと良妻賢母だった彼女は、常識に外れたことを言わず、生活もずっとパーフェクトであることだけを考えてきた。

そうして楽しそうに話していた彼女だったが、突然息子が下校の時間になったことを思い出して、電話をかけたのだが、息子は電話に出なかった。

私たちはその後しばらくおしゃべりをしていたのだが、彼女はまた電話をかけ、またも息子は電話に出なかった。そして私にこう言った。「あの子は下校したらすぐ電話をくれるのに、今日はどうしたのかしら?」彼女はだんだん心配になってきたようで、何度も電話をかけた。

さっき、息子は大人になったから心配しなくてよくなった、と言っていなかった?電話に出ないのは、まだ学校にいるからじゃないの?

彼女がそわそわしだしたのを見て、私がウェイターに会計をお願いしていると、突然電話がなった。息子が電話してきたのだ。彼女は電話をとると、息子を激しく罵った。最後に私は電話を替わって彼女の息子に、お母さんがとても心配していて、電話に出た時は自分の感情を抑えられなかったのよ、だから内心とは違うことを言ったんだから、と話した。

電話を切ると、私は彼女に、どうして電話では優しく「あなたの声がやっと聞けた!本当に幸せだわ!」と言わないの?と聞いた。
そして私たちは顔を見合わせて大笑いした。

愛するほど本当のことを言いにくくなり、愛すれば愛するほど人を罵倒したり、罵倒されたりすることのほうが多くなってしまう。そうでなければ本当の愛は感じることができないのだろうか?

私は皆さんを愛してますよ!ふふ!


***************

先日の伊健のパーティの時の涙にひっかけて、のコラムなので、伊健の話は導入に過ぎないのですが、文章としては面白かったのでそのまま全部載せました。

そういえば前も伊健はパーティ中に・・・今回みたいにぐっと詰まった、じゃなくて、本格的に大泣きしたことがあったので、本人的にはノーカウントにしてねってことなのかもしれません。あるいはちょっと照れ臭かったのかな。ということにしておこう(笑)
いずれにせよ大泣きした時は例の幸せじゃなかった時期だと思うし、それに比べれは今はいつもとても楽しそうです。ファン的にはあなたが幸せなら我々も幸せです。これも「幸せが次々伝染する」ってやつだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊健だって映画を楽しみたい!!

2017年6月22日 東周網 遂心如爾(梁爾紋)


伊健的ユーモア


鄭伊健のユーモアが大好きだ。

現代の香港人は、三食のために仕事に奔走し、仕事のストレスはどれだけのものだろう?
街を歩く人々の顔を見ればすぐわかることだ。

周囲の友人たちがストレスから自分を解放する方法を知らず、なぜあんなに朝から晩まで働くのか?ということを次第に意識するようになった。もちろん安定した生活と、楽しく日々を過ごすためだ。

病気をしてから、私は休日は山や海にでかけ、郊外で新鮮な空気を吸い、太陽の光を浴びるのが一番好きになったのだが、そうしているとリラックスできるということもわかった。

アウトドア活動をしたくないときには、カラオケで発散したり、映画館で負のエネルギーを放出することもある。

先週はラッキーなことに鄭伊健が一緒で、康怡で香港初のMX4D映画を見た。新しくて刺激的な特殊効果、風、稲妻、煙、首をさっと撫でられたり、背中をたたかれたり、におい、水しぶき、振動、跳弾、ジェット噴射や足をバタバタさせるなど、たった一度ですべての願望がかなった。

隣に座っていた伊麺は、ずっとわあわあ言い、水しぶきがかかると我慢できなくなって笑っていた。

見終わった感想をステージに上がってインタビューを受ける時になり、司会者が伊健に感想を聞くと、伊麺は真面目な顔になって「恐怖だよ!」と言った。

ステージ下にいた私は、この友人がついにユーモアを解するようになったかと思わず笑ってしまった。

伊健は「さっきは誰かに肩をたたかれたりお尻をたたかれたりしているみたいで、画面で写っていることに真実味が増したよ。僕も俳優として映画を撮影していて、アクションのときに頭をひっこめたり相手に殴られたりという動きが、まさか観客になっているときにまでするはめになるなんて思わないよ。刺激を感じて頭を下げるなんて、恐ろしくない?僕は4Dアクション映画はゲームをするときの感覚をすでに超えたと思うよ」と笑った。

最新のテクノロジー愛好家である彼は、映画のあとでもずっと質問をしていて、特殊効果会社が行う編集が人の手によるものだと知って、彼らの仕事にもっと注意するようになったようだ。

伊健はまた、「さっきの場面では、主役が水に落ちる描写だったけど、僕も本当に水の中に突き落とされたように感じたよ!」とも言った。

伊健は映画館に行く事が少ないと思われているが、映画界で育った人間は、劇場で映画を見るのを好む人が多い。「僕は朝一の映画を見るのが好きなんだ。家にも大きなテレビはあって、音響もいいけれど、映画を見る時は劇場で見た方が楽しいからね。子供の頃は一家で映画を見た思い出がたくさんある、行列してチケットを買いながらスナックを食べたし、今の映画館でもイカ焼きとか鶏蛋仔とか煮込みとか、思い出すと食べたくなるものばかり売ってるよ!」と笑う。

毎日伊麺と一緒に仕事をしていると、彼の超楽天的気質に感染する。最近彼の頭は脚本を書くことでいっぱいで、監督をやるつもりなのかと聞くと、いい脚本ができたらね、まだできていないことを考えすぎるのはよくないよと笑っていた。

***********


朝9時台の映画館は平日でも休日でもほとんど人がいません。
旅行者の身としてはむしろありがたい時間帯なので、私もよく利用します。
そこで見逃した映画、もしくはどうしても帰る前に一度見たかった映画を見て、ホテルのチェックアウトまでの間や、お土産を買える店が開くまでの時間つぶしをしたりします。

以前はどこの映画館でも早場を設けていて、値段も安くて、上映から少し時間の経った映画や、リバイバル上映などをやっているので重宝しましたが、今は値段もラインナップも変わらない、そして早場そのものが減ってしまったのは、映画館がほとんどみなシネコンだからでしょうか?

さて、この時間帯、一番後ろの真ん中の席が埋まっていることはよくあるのですが・・・
もしかしたらそういうところに香港の映画人が座っているかも?
伊健に会えることもあるかも?
でも、おそらくそれは香港映画ではなくて、ハリウッド映画だったり、日本の映画のような気がします。
・・・それにしても、伊健の思い出はいつも「食」につながっているなあ(笑)


このコラムを書いているメイビスさんという人は、芸能プロモーターとして仕事をしていて、伊健の事務所の担当でもあるようで、ファンミとか、コンサートとかでよくお見掛けします。
(今回のパーティも私の席の脇で動画を撮っていました)
一度は伊健との記念写真にも一緒に入ったこともあります。日本人ファンとしては「えっ??このひと誰???」だったのですが(笑)、Facebookやインスタや微簿でよく伊健の動画や写真を載せてくれていますので、ありがたくチェックさせていただいております。興味がある方はググってみてくださいね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.09

伊健「50歳」生日快楽

2017年10月2日 東方網

動画あり


もうすぐ「50代」鄭伊健制服姿で誕生日を祝う

Ekin1001__2

鄭伊健(伊麺)はまもなく正式に「五(50歳)」に突入するが、300人のファンが制服やアニメのコスプレでパーティに参加、伊麺も純情な学生服姿でかっこよく登場し、歌の時には感極まって目をうるませるも、ファンがみな大合唱で支えた!大親友の草蜢もシークレットゲストで登場して誕生日ケーキを贈り、伊麺には大きなサプライズとなった!

草蜢がサプライズゲスト

伊健とファンはパーティではゲームをし、まず「借り物競争」のゲームでは「誰か彼の短髪時代の写真を持っていないか?」との問いに、なんと数十名のファンが争ってステージに詰め掛け、ちょっとその場が混乱した。このことで多くのファンが財布の中に昔のツーショット写真をずっと持っていることが発覚した。最後にはシークレットゲストとして草蜢がハッピーバースデーを歌いながらケーキを持って登場し、蔡一智が笑いながら「50代へようこそ」と言い、彼にとっては忘れられない「50歳」を祝った。それから伊健が実は草蜢のコンサートではバックステージの「軍師」であると言い、毎回コンサートの時にはリハーサルにいつも現れて意見を言うのだという。一智はまた、伊健に再びコンサートを開いてほしいと話し、それに応えて会場中が「いいね!」の声を上げた。また、観客の要望に応えて草蜢と伊健は一緒に「友情歳月」を歌った。

伊健はバックステージに戻ってくると、ただファンとパーティができてとても嬉しいと答え、感激のあまり泣いていたのでは?と聞かれると「そんなことないよ!歌に入り込んだからだよ!楽しかったよ!」と言い、誕生日の願い事を質問されると「みんなに楽しみを伝えられること、それをみんなが他の人に伝えてほしい、簡単でしょ」と答えた。

*****************

2017年10月2日 明周


【学生服姿は超純情】鄭伊健『爸爸的汽水』で感動のあまり涙?!


10月4日(木)は浩南アニキこと鄭伊健の50歳の誕生日で、先日300人のファンとアニメのコスプレパーティで誕生日を祝った。伊健は全身を純情な学生服姿で登場、動画上では彼はパーティで多くのヒットソングを歌い、『爸爸的汽水』の時には感動のあまり目をうるませ、その場にいたファンも歌詞をよく知っていたのですぐに大合唱して、体を挺して伊健の誕生日を祝福し応援した。

数えてみると、実は伊健はもう3年もファンクラブのパーティを開いていないが、今年はデビュー30周年の大事な日を世界各地から来たファンたちと祝った。その中には中国、日本、台湾や地元香港のファンたちも含まれている。また、事前にいかなるプレゼントも受け取らないので、心あるファンはチャリティ団体に寄付をして、助けを必要とする人に手を差し伸べ、善意と正のパワーを伝えてほしいと話している。

パーティの最後には、シークレットゲストとして草蜢がハッピーバースデーを歌いながらケーキを持って登場した。蔡一智が伊健に50代突入を歓迎すると笑い、伊健の忘れがたい「50歳」を祝った!パーティ終了後、伊健にさきほど感動して泣いていたのでは?と質問すると、笑いながら「そんなことないよ!歌に集中してたからだよ!楽しかったよ!」と話した。誕生日の願い事については「誕生日の願いは、みんなに楽しいことを伝えられて、それがみんなに伝わっていくこと、とても簡単でしょ!」


*************


2017年10月2日 明報即時新聞

※動画あり、音出ます!

草蜢のサプライズプレゼント 鄭伊健30年前の「学生王子」姿を再現 50歳を祝う

鄭伊健は10月4日ついに50代を迎えるが、先日300名のファンと大々的にコスプレパーティを開いた。伊健は30年前に出た「陽光檸檬茶」のCMを再現、全身を純情な学生王子姿でかっこよく登場した。一緒に登場した親友陳光榮も同じ制服姿で、学園祭のコンサートを再現、『如果陽光』『動地驚天愛戀過』『友情歳月』『Together』を歌った。『爸爸的汽水』では感動のせいか声を詰まらせ目はうるみ、会場全体のファンたちが大合唱し、とても感動的な場面だった。親友の草蜢がケーキを持って登場し、伊健にサプライズプレゼントした。

*************

2014年10月4日
Yahoo娯楽ニュース


最もかっこいい古惑仔・陳浩南
伊麺・鄭伊健の映画は香港のバイブルとなった

古惑仔「伊麺」こと鄭伊健の50歳のお誕生日おめでとう!最も人気のある男性歌手の一人である彼は、香港第5の天王とも呼ばれ、歌も演技も定評がある。1986年に新人オーディションをきっかけにデビューし、「陽光檸檬茶」のCMは彼の代表作の一つとなった。子供番組『4時半のドリル』出身の彼はドラマに出演し始めるとまもなくTVBの人気男優となった。1992年にはファーストアルバムを発売し、その年の叱咤楽壇賞の最優秀新人賞を獲得、翌年のアルバム「サハラ」では勁爆靚人大獎を獲得した。その実力は過小評価されるべきではない。のちに彼は歌「一生愛你一個」で一気にスターダムに乗り、当時長髪にしていたことが個性的でまた斬新だったため、長髪は次第に彼の独占的なトレードマークとなった。

1994年には伊麺はドラマ「笑看風雲」で包文龍を演じ、劇中では陳松伶と恋人同士を演じ、その演技が多くの視聴者を感動させた。鄭伊健といえば、マンガ原作の映画シリーズ「古惑仔」の中の陳浩南を挙げないわけにはいかない。彼とそのほかの仲間、陳小春、謝天華、朱永棠と林曉峰が劇中で見せる友情は、劇中を「男気」の二文字で貫かれており、このシリーズは「香港映画」を例える代名詞となっただけでなく、香港という地域に「義理人情」という文化的伝説を開花させることとなった。

そのほか、伊麺は前後してコミックを原作とした映画の中で重要な役柄を演じ、例えば『風雲』『中華英雄』から『Feel100%』などのシリーズは彼の代表作となり、彼自身が主題歌を歌ったことで多くの人々の記憶に残っている。
かつて邵美琪と梁詠琪との三角関係から発生した『奪麺雙琪』事件や、『古惑仔』のイメージが強すぎたため仕事が低迷したこともあったが、幸い2006年に出会った蒙嘉慧とは相性も良く、7年間の交際ののち2013年に正式に入籍し、幸せな生活を送っている。みんなの心に残る伝説を残してくれ、そして最近新『古惑仔』の撮影に追われている伊健にありがとう、そして10月4日の誕生日おめでとう!


************************


伊健も今年ついに50歳になりました!

今回は、珍しく取材の入っていたらしいファンミのため、記事がたくさん出ていますのでご紹介。
最後の記事は、伊健の芸歴も含めてのまとめ記事になっています。


今年のお誕生会はファンクラブ成立30周年の節目というのもあり、土瓜灣にあるケリーホテル(新しいホテルです)で大々的に開催されました。
出席者は香港以外はほとんど中国からのファンでした。なので、会場もホテルの大宴会場二つをつなげ、24卓のテーブルが配置されました。私の記憶にあるかぎりファンミでここまででっかいのは・・・なかったかと。
私も今回は香港FC枠で行ってきました。
前回ほど席は近くなかったのでほんとうに少しですが、後で写真もあげます。
(いい写真はFacebookやスタッフのインスタなどで沢山みられますので、きれいな写真はそちらでどうぞ)

三年ぶりに間近で会う伊健は、相変わらず元気そうで楽しそうでした。
歌も途中で感極まったりしてましたが、正直私、途中まで「やだぁ、伊健歌詞忘れ??」とか思ってました。
なにしろかなり遠かったもんで(言い訳)。
日本チームは前列だったからよく見えたのではないでしょうか?

ちゃんと歌った歌のほうは、いつもより心もちねっとり系(笑)だったのですが、
伊健も最近大人の歌い方を覚えたな・・・ふふふ、というので密かに喜んでおりました。

途中、ケーキを運んできたのがバッタの三人で、会場はこれには大興奮!
その場で伊健が11月5日のコンサートにゲスト出演することも発表されました。
事務所が同じなのでバーターといえばそうなのか??
そういえば、司会は3年前のファンミに続き、サンサンの娘の西瓜がつとめましたが、
3年経ったらお化粧がすっかり大人っぽくなってきれいになっていました。
さすが芸能人一家・・・


今回は距離は遠いし、ゲームは一拍以上反応が遅れるので参加できず、コスプレは時間もアイデアもなしでパス(伊健には明らかにがっかりされる、非協力的なファン)、で基本放置プレー状態だったのですが、歌もいつもよりたくさん歌ってくれたし、3年会ってなかった友達にも久しぶりに会えたし、集合写真だけど一緒に写真も撮ってもらったのでよしとしましょう、ってことで。

Img_8143

私の席から撮れたいちばんまともな写真。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.27

クラフトチーズ「驚天動地の変わりよう」

クラフトチーズCM by100毛


※「動地驚天愛戀過」の替え歌をCMソングにしています。原曲は今のところFacebook版のみとなります。
以下翻訳です。
原曲と比べてお楽しみくださいw

********************

動地驚天變咗咯

(驚天動地の変わりよう)

茶餐廳の店先の貼り紙:「家賃値上げにつき廃業します。長らくのご愛顧ありがとうございました」

店員:「おやじさん、片付け終わりました」
鵬哥:「ああ、帰っていいよ、あとは私がやる」

〜歌〜


ついに最後の日が来た 街中がらんとしている
ショックだ、でももはや争う気力もない
お馴染みのウェイターともお別れ
これからはどこで飢えをしのげばいいのか
まさか鵬哥(盧海鵬)のせい?
大丸デパートも今はなく 茘園遊園地も昔のこと
全部が驚くほどに変わってしまった
古い映画館すら僕を見捨てて
サトウキビも食べられない
旧友は次第に少なくなるが
クラフトチーズを食べれば昔にすぐ戻れる
この歌のように、実際何年前の歌だか知らないけど
でも僕は、自分で歌いながらまた食べたくなるんだ
陳伯が猫を呼ぶ声がする あの古い売店も潰れた
悲しいがまだ忘れられない
仲の良かった親友たちとも、最近はほとんど会わなくなった
以前は毎日のようにサッカーをしたものだ
高山劇場や尖東の映画館
全部が驚くほどに変わってしまって
啓徳空港すら僕を見捨て 飛行機が停まらなくなった
旧友は次第に少なくなるが
クラフトチーズを食べれば昔にすぐ戻れる
この歌のように、実際何年前の歌だか知らないけど
でも僕は(でも彼は)自分で歌いながらまた食べたくなるんだ

自分で自分を哀れんで
自分で昔を懐かしむ
クラフトチーズを食べれば昔に戻れる
食べ終わったらまたアンコール
噛みしめるとはそういうこと
食べたらわかる
たとえ店がつぶれたとしても
また絶対食べたくなる

~~~

鵬哥:歌い終わったか?
伊健:チーズタマゴサンドおかわり!
鵬哥:帰れ!もう閉店なんだ!
伊健:知ってるから来たのさ。今日でもう食べられなくなるでしょ。
鵬哥:じゃあ自分でスーパー行って買ってくれ!頼むから帰ってくれ!
伊健:僕はクラフトチーズだけじゃない、この古びた喫茶店の雰囲気が惜しいんだ。ご存知のとおり、昔を懐かしむ人間なんでね。
鵬哥:この上引っ越ししろってか!あんたが家賃の値上げしたから廃業せざるをえなかったんだぞ!
伊健:古きを懐かしむことと家賃の値上げは別のことさ、でもここがなくなったあとはこの場所を買い取って発展させて、あなたのことは懐かしく思い出すよ。
鵬哥:思い出す⁈
伊健:いや、(街路表示を取り出し)「思い出横丁」です。みんな!
伊健:その時にはこの茶餐廳をテーマにした居酒屋を、 売店は金細工の店をテーマに!陳記ストアの看板猫の阿旺は有名だから、絶対銅像にしよう。暇な時は彼を拝んだり懐かしんだり写真を撮ったりできるようにね。こっちはバー…じゃなくて涼茶舗、いや、ハーブティーの店にしようか、どっちにしろ身体の熱を取るからね。そばには24時間オープンの駐車場だ!
おい、チーズはどこにいった?僕のチーズは?チーズがないと雰囲気出ないじゃないか?あと、良友雑貨は、良友デパートにしようか、改修してね!・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

50年不変の男 鄭伊健(下)

2017年8月21日 Jessica

驚天動地の鄭伊健 50年変わらない男 演技編

前回は伊健の髪型や外見がデビューから今にいたるまでほとんど変わらないということを述べたが、実は彼の映画での役柄、例えば浩南アニキとか、どれでも歌える彼のヒット曲などによって、私たちの中の鄭伊健というのは50年不変の印象となっている。最近ではまたコンサートを始めて、その歌を聴くことで懐かしい気持ちでいっぱいになるが、「音を外さない」独特の歌い方で、人が真似できないその歌は、やはり50年不変のものだ!

思い出のヒット作

伊健のヒット作となった映画は数知れず、80年代から90年代の彼の映画は毎回満席になり、四大天王の一人とも思われていた。彼の『古惑仔』シリーズは6作を数え、多くの少年少女が絶対見る映画となっていた。初期はラブコメディの小品「Feel100%」も大人気だった。2000年代になると多くの素晴らしい作品に出演するようになる。たとえば「我老婆唔夠秤」、「東京攻略」、「九龍冰室」、「蜀山傳」、「風雲Ⅱ」など…最近10年では主演映画が確かに減ってきてはいるが、毎年いろいろな映画に出演していて、最近では「三國殺・幻」の話題もある。親友の謝天華や林暁峰と再共演のため、多くの人は古惑仔の続編だと思っているようだ。

1.「Feel100%」

初期の1996年のラブコメディ「Feel100%」は当時の若者たちが絶対見ていた映画だ。彼が演じたジェリーと許樂(葛文輝)、チェリー(鄭秀文)は高校時代からの親友で、男二人は友情を守るためにチェリーに告白しない誓いを立て、ジェリーはのちに芳芳(梁詠琪)と付き合うが、別れてから一番愛していたのはチェリーだったことに気づき…こんなさわやかなラブストーリーはまた味わいたい一品だ!

2.「風雲:ストームライダース」

1998年の「風雲」では潔く男らしい聶風と歩驚雲(郭富城)が妹弟子の孔慈(楊恭如)をめぐり争う。

3.「我老婆唔夠秤」

2002年に阿Saと共演した「我老婆唔夠秤」はラブコメディの小品で、ストーリーは特に変わったところはないのだが、伊健と阿Saの生き生きした演技が楽しい。本当ならば阿Saの恋愛を手伝うはずの伊健が、結局は付き合うことになってしまうのだ!

4.「九龍冰室」

チンピラを演じる伊健は、いつでもこんなにかっこいいのだ!ストーリーは元は裏社会の伝説の人物だった伊健が父親になり改心するというものだ。映画は九紋龍(伊健)がタイの警察に逮捕されるところから始まり、刑期を終えて香港に戻った彼は、親友と九龍冰室で仕事を始める。しかし元カノである馬交紅(莫文蔚)はあらゆる手をつくして九龍紋を表舞台に引きずり出そうとし、最後にはボスが馬交紅と彼の間に生まれた息子を誘拐したため、彼らを救うために自らが犠牲となり…足を洗おうとしても許されないのだ!

5.「古惑仔」

伊健の数多くの映画の中で、最も印象に残るのはもちろんこの「古惑仔」だ。浩南アニキの名は彼の別名ともなっている!80年代から90年代にかけて、裏社会を題材にした映画が本当に大人気で、マンガを原作とした「古惑仔」映画はさらに人気絶頂を極めて、1996年からの古惑仔3部作「古惑仔之人在江湖」「古惑仔2之猛龍過江」「古惑仔3之隻手遮天」、さらに97年から2000年にかけて3作の「古惑仔」シリーズが制作された。ヤクザの仲間、陳浩南、山鶏、大天二、包皮と巣皮の友情のほか、女子は浩南アニキと細細粒の恋愛に夢中になった。サイが最後に車にひかれて意識不明になり、記憶喪失になるが、次の作品で銃で撃たれて死ぬ間際についに浩南を思い出すのだ。。ああ!!


歌手として

みなさんは伊健がどのようにして人気が出たか覚えているだろうか?デビューはテレビ番組「4時半のドリル」の司会で、印象にも残っていると思うが、人気が出始めたのは88年に新人歌手コンテストに参加し、その後羅文を師匠として歌手デビューしてからだった。91年にはBMGレコードと契約し、92年には「不要哭了」でデビューし、この歌はおなじみの歌になっているだろう!92年から96年には相次いで多くのCD、例えば「撒哈啦」「On Stage」「一生愛你一個」「Got to be Rel」「The Best Show」「Earth」などをリリースした。実は伊健は歌で人気が出たのだ!彼の歌の上手い下手についてはこの際置いておくとして、その歌はずっと人気があり、多くの香港人がこれを聞いて育ったといえる。以下は伊健の代表曲10曲だ:

1. 不要哭了
2. 動地驚天愛戀過
3. 一生愛妳一個
4. 仍能情深愛上
5. 感激我遇見
6. 直至消失天與地
7. 一個為妳甘去蹈火海的人
8. 吻感
9. 友情歲月
10. 甘心替代妳

**********

こちらも写真はウェブサイトにてお楽しみいただくとして・・・
どの映画か選べと言われると、この中だと内容的には「我老婆~」なんですが、
ビジュアル的には「Feel100%」かも・・・・
(ジジと別れてからしばらく見るのが辛すぎて見てないんですけど、今ならみられんじゃね?と思っている)

Ekinbai_fen_bai_1


かわいい。。

伊健の映画は基本アクション映画とかヤクザ映画なんで、見るのが辛いのが結構いっぱいあって。。
無条件にハッピーになれるものが少ないんですよ~。
あと、歌から入った身としてはやっぱり歌を聴いているときのほうがいいかな。。
上のリストだと「動地驚天愛戀過」「感激我遇見」「吻感」が好きですが、「Together」「發現」も入れてほしかったかも・・・


【予告】
次回こそはあのCMの歌詞をアップします!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

50年不変の男 鄭伊健(上)

2017年8月18日 Jessica 

驚天動地の鄭伊健 50年変わらず


今年の初め映画「春嬌與志明」の中で余春嬌が歌ったことにより、「動地驚天愛戀過」は再び注目を浴びるヒットソングとなり、多くの人が80年代、90年代の香港では古惑仔が横行していた時代と、その時代の代表である浩南アニキ(鄭伊健)と友情歳月の歌詞「さあ、過ちは忘れ 昔を思い出そう 苦労を共に分かち合った日々は思えば楽しいものだった・・・」を懐かしんだ。あの頃古惑仔だった鄭伊健も今年すでに50歳になり、今でもやはり長髪と、歳を感じさせない顔のまま、すばらしい演技と忘れがたい歌声で、本当に50年不変の男だ!

変わらない外見

1.髪型

Ekinchenghair

鄭伊健といえば、まず長髪を思い出すだろう。この4.6分けのセミロングの髪は彼のトレードマークで、少なくとも20年は変わっていない!伊健はずっとこの髪型が気に入っていて、デビューの時こそ短髪で、陽光檸檬茶のコマーシャルでもさわやかな短髪で、のちに大人気になったときに短髪にしたこともあるが、伊健は肩まである長髪のほうが印象に残っているだろう。みんなが言うように、長髪のほうが似合っているからなのか、それとも印象に残っているからなのか?しかし、一番大事なことは、彼のセミロングの髪はかっこよくてそれに男らしいということだ!今回は伊健の短髪・長髪など様々な髪型を見てみる事にしよう!

2.体型

Ekinchengbody


今年50歳の伊健は本当に変わらず、むしろ男らしさが増したようだ。昔からの写真、特に90年以後のものを並べて見ると、お世辞ではなくどの年代でも同じように見える!体型については、昔から崩れることがなく、太ったり、中年男性のようなお腹になることもない。筋肉ムキムキというのではないが、均整の取れたスタイルは50年変わっておらず、本当にナイスバディだ!


***********

気づいたら鄭伊健、今年50歳の大台に乗る!!!
ということで、にわかに祭りになっております。
第一弾は雑誌「ジェシカ」の特集記事から。
写真もいっぱいなのでぜひウェブサイトにてお楽しみいただきたいと思います。

「50年不変」というのは、香港は中国への返還後50年は一国二制度の体制を変えないとの約束があったことにひっかけているのですが、最近の情勢を見るにそれも完全に怪しくなっています・・・伊健は変わらないですよ。この記事の言う通り男らしさは増したかもしれませんが。昔に比べるとだいぶおっさんぽくなった、とは思いますが、こんなさわやかなおじさんはそうそういませんw
あと、「太ってない」というのはウソです・・・あれほど体重の増減の激しい人はいませんよー。
役作りもありますけど、時々腹が水着に乗ってたとか隠し撮りされたこともあるし。。ただ、最近はマイケルコーチの下、夫婦そろってジムに通ってるようなので心配はなくなりましたが。


引き続き、第二弾は映画と歌のお仕事を紹介・・・
つぎのエントリーをご覧ください。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.08.09

ますます長髪

2017年8月8日 On.cc


蘇永康、子連れで注目
鄭伊健、古惑仔時代の長髪に戻る








タレントの鄭伊健は映画「風雲」の聶風を彷彿とさせる長髪で友人の誕生日パーティに出席し、「風雲」時代に戻ったと言われ笑いを取っていた。伊健は前日まで親友の錢嘉樂が監督する「古惑仔」シリーズ映画の撮影が忙しかったと言い訳し、今は夏休み中なので9月になったら再開すると言った。「この前はヨーロッパと日本でロケをしたから、今度はどこに行こうか考え中。多分砂漠だね、だから長髪にしておかないとね!」

隣にいた林嘉欣は横から口を挟み、9月になったら伊健の神はもっと伸びてるはずと言った。実は伊健、この映画のために他の多くのオファーを断っていると言い、「こんなに撮影に時間がかかるとは思ってなかったよ!(親友のためだから?)みんなのためだからだよ!」

蘇永康は4ヶ月になる息子のジャズをおぶって出席すると言っていたが、子連れで華やかな場に登場するや、その場の注目を一身に浴び、息子は取り囲まれて写真攻めにあっても驚きもせずに、とても落ち着いていた。息子が成長したら歌手にしたいかと聞かれ、蘇永康はすぐ「そんなこと言わないで!」と答えていた。ジャズは本当に可愛らしく、みんなが夢中になり、伊健や梁漢文らが争って彼の相手をして遊んでやっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.07

伊健、閉所恐怖症を告白

2017年8月1日 明報即時新聞

鄭伊健、閉所恐怖症を暴露する:今回の吹き替えはとても辛かった

鄭伊健と大親友の林暁峰(阿Lo)と麥明詩は今晩彼らが声優をつとめたアニメ『絵文字の大冒険』の上映会に出席した。伊健は今回が初めてのアニメの吹き替えで、最初から最後まで声の出演をしているが、「僕は閉所恐怖症で、以前ヤクザ映画を撮っていたときでさえ自分の声でアフレコするのを拒んだほどなんだ。だから今回の吹き替えは本当に辛かった」と話した。麥明詩はそれに対し、自分が一番つらかったのは伊健と阿Loの相手をすることだったと笑い、それは二人がああ言えばこう言うで、しかも回転が速くて、相手しきれなかったのだそうだ。

20170801_emoji

***************

またすてきなシャツを着用中でwww

伊健の出世作『古惑仔』の第一作目は本人の声ではありません。
また、『人魚伝説』も本人の声ではありません。
『古惑仔』で本人の声が聴けるのは2作目以降からです。

さらに古いテレビドラマは本人の声なのですが、映画がなぜか本人の声でないことをずっと不思議に思っていました。その裏にそんな理由があったとは・・・

そういえば、伊健にはほかにも「恐怖症」があって、「座学恐怖症」というのも以前に言ってましたね。
(じっと座っていられないという)
その代わり、高所恐怖症はないらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.09

絵文字の大冒険


2017年7月4日 頭條日報


鄭伊健とのラブシーンを逃した!麥明詩「損した!」


鄭伊健、林暁峰、麥明詩は映画『絵文字の大冒険』の吹き替えを行い、絶えず笑爆弾を放っている。伊健が吹き替える役「阿基」は面白い役で、伊健は「今まで演じてきた役は比較的クールな役柄だけど、今回の阿基は表情が豊かで、吹き替えのときは、ついに自分の新たな一面を発揮できたと感じたよ!」

麥明詩は初めての吹き替えで、とても楽しかったけれどもちょっとがっかりしたそうで、ため息をついて、「劇中伊健の演じる阿基とは恋愛関係にあって、本人と一緒に演じられると思ってたのに、別々で吹き替えしたのよ、損した!!」





写真からしてハイテンション


予告編

予告編はこちら。
新たな伊健。なるほど。



香港は8月3日公開です。
一日あれば映画みられんじゃね?的な。
弾丸旅行画策中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.02

写真アップしました(2017年6月)

あっという間に7月ですねえ・・・


タイトル通り、先月の香港旅行の写真をアップしました。(左サイドバー)

最近ココログも一度にアップできる容量が増えたので、作業はちょっぴり樂になりました。
(ほんとにちょっぴりですが)

伊健の奇跡の数枚&たなぼたで嬉しいレオクーの写真などお楽しみいただければと思います。


さて、たまにちょっと近況など。

香港から帰ってきてしばらくは元気だったのですが、先週末風邪をこじらせてひどい目に遭いました。
一晩中咳が止まらず、ひょっとして喘息発作か??と思ったものの、病院に行ったら風邪だそうです。
幸い薬を飲んだら症状が落ち着いてきました。

周囲でも私と似たような症状の人がちらほらいるので、皆様もお気を付けください。
しばらくはお酒も自重せねば。

(が、今週は平日夜のBBQ大会というのもあるんだな・・・完全復調できるのか。。)

そういえば、コンサートとかイベントとか、何気に伊健の記事もたまっていたんだっけ・・・
手が空き次第そっちもなんとかしたいと思いますが、原文はFacebook版のほうも合わせてご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.23

休日の過ごし方

ご無沙汰しております。

世の中的には平日ですが、私は今日は所用諸々によりお休みをいただいております。

で、なんでいまここで更新かけてるかといえば、

朝一でガス屋の点検が来る。

点検が以外と早く終わったので、運転免許証の更新に行く。




これまたサクッと講習まで終わったため、都庁でメロン熊と戯れつつ荻窪へ



噛まれとる!!!
(結構みんな自ら噛まれにいってます。この腕は外国人観光客。災難…)






例のお粥屋さんでランチ(お粥じゃないが)




映画の予約をして新宿へ

今に至る。

という経過でございます。

が、映画までまだ1時間半もある!

ということで、ただで涼める場所をゲットして更新などしてみました。

映画は早くも来週で終了する「危城」。
古天樂が白服の悪役という、色黒をさらに際立たせるコスチュームなんですが、私の期待は何と言ってもラウチン様です。
アクション監督はサモハン、監督は陳木勝。てーことで爆薬の量に期待。

来月も月1でいいので、こういう休日が取れるといいな…
もう今年は夏休みは半ば諦め中。

ちなみに先日の香港での写真は鋭意編集中です。
ツイッターやフェイスブックでもちょこちょこあげてはいますが、後ほどこちらにもアルバム作成します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.08

古傷再発

2017年6月7日 On.cc


どこで治療する?鄭伊健、古傷も生傷も一緒に治す









鄭伊健は映画館のオープニングセレモニーに出席し、映画を見るのは日常のことと言い、「ロケは仕事、映画鑑賞は趣味、SFと特撮映画を見るのが好き」と笑う。伊健によれば新しくできた4Dシアターは体を動かすこともできるし、背中がゾクゾクするような効果があって、たまらないという。

最近公の場ではご無沙汰であることについて、伊健は、近ごろは「古惑仔」のオリジナルメンバーが出演し、錢嘉楽が監督する新作映画にでているからと説明して、「3月から撮影を始めて2ヶ月過ぎ、今は小休止なんだ。(題名は?)まだ言えない。何度も変更しているから。色々な場所で撮影したよ。日本、ブダペスト、モンテネグロ、ほかにも色々ね」

伊健はこの映画のアクションシーンの撮影中に膝を負傷したそうで、「今回が3回目、古傷の上に怪我をしたので休み休み、景色を眺めながらやってるよ(リハビリしなくていいの?)色々なお医者さんに診てもらって、血を抜いたりもしてる。最初の医者に診せたときは、二ヶ月入院だと言われたよ。(入浴が不便なのでは?)その日は入院だからね(奥さんの手料理を食べさせてもらった?)香港に帰って来ただけでだいぶ良くなったよ。(栄養のつくものを食べさせてもらって?)そんなことないよ!(今は何割くらいの回復?)長くかかりそうだね。(手術が必要そう?)しなくてもいいんだけど、場所は違うけど何度も傷めるし、結局のところとてもやっかいな問題だよ。」アクションシーンをまた撮影するのか、との質問には、撮影再開は7月になるから、それまでしばらく休むとのことだ。


@@@@

ついに先月は更新なしだった…
そして明日半年ぶりに香港の地に降り立ちます。
という今朝、ニュース入ってきました。

奥さんはずっとロケに同行していたそうなので、記者の質問はいささか的はずれな気がしないではないですが。

で、いま香港行ったら伊健に会えたりするかも?という五分五分な期待を抱いて、林敏聰(全力スマッシュのあのコーチ)の記念コンサートに行ってまいります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.30

年末の香港の写真アップしております

こんばんは。

連休二日目、わたくし残念ながら9連休にはなりませんでしたので、
いいかげんなんとかしようと思っていた昨年末の香港旅行の写真をアップしてみました。
席はあまりよくなかったので雰囲気のみ感じてください。

しばらくぶりの歌神・學友さんはやっぱよかったです・・・
40曲くらい歌ったらしいのですが、それでもまだ歌ってない歌があったくらいだし、
とはいえ最近あまり歌っていなかった歌なども聴けたので満足度は高いコンサートでした。
位置的にも落ち着いて聞けるしなあ。。
今度伊健のコンサートがあったら、一回は山頂席で見よう(が、やはり少しでも近い席を・・・とか、握手席をなんとか・・・と思うとそういう思いはぶっとんでしまうのですが)

そういえばアンディ兄さんの今年の年末コンサートも正式に中止になったというし、久しぶりに見たいレオクーについては今のところ情報がないし、伊健にいたってはハンガリーからいつ帰ってくるんでしょう??という感じです。
今年はソロコンサートには縁がなさそうですね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.29

黄金兄弟

2017年4月26日 香港01

鄭伊健20年ぶりに「洪興仔」を招集
山鶏、大頭仔らヨーロッパに集合して大食事会を開催


「古惑仔」といえばまず鄭伊健、陳小春、謝天華、錢嘉樂、林暁峰らを思い起こすが、最近5人は「古惑仔」のイメージでコンサートを開くことを飯のタネにしており、既に多くのファンがこのメンバーでまた映画を撮るだろうと予想しているが、今年になってそれは実現した。
最近5人がブダペストにて一緒に写った写真が陳小春の微簿経由で流出したが、彼らががヨーロッパでやっていることは全く古惑仔らしからず、さらに妙なことにはみんな特殊部隊の制服を着ていて、手にはM-16自動小銃を持ち、いつも見慣れた牛刀や鉈ではなくいつの間にか機関銃に代わっている…包皮(林暁峰)もまた多くの写真をアップしているが、何人かの主役たちはすでに50代に近いというのに昔とまったく変わらず、伊健に至っては当然のように長髪姿だ…

まだ「古惑仔」との関係は不明ながら、この映画は錢嘉樂が監督する「黄金兄弟」という新作映画だと言われていて、5人の古惑仔は義賊という設定になり、おそらくお宝を盗むものと思われる。最初に日本、それからヨーロッパでロケをするなど手がかかっていて、しかも最近錢嘉樂がアクション監督を担当した「寒戦」パート1,2とも、カーアクションの場面はハリウッドにも負けていないと非常に評判がいい。しかし、もし浩南アニキや山鶏とヨーロッパのマフィアが鉢合わせしたらきっと「來忘掉錯對 來懷念過去……」と「友情歳月」の一節を歌いだしてしまうにちがいない!

M16

******

おひさしぶりです。
前回から1か月半ぶり、気付いたらゴールデンウィーク初日です。
ようやく熊本やハンガリーでロケしている映画の話題が入ってきました。
その名も「黄金兄弟(仮)」だそうで・・

伊健もむしろ「龍馬伝」的蓬髪というか・・・なんにせよ長髪復活であり、むさいかと思いきや却ってキラキラ具合が増しており(笑)、なので上の記事のようにアラフィフにして全く変わらないなどと言われております。

ロケはつい最近まで続いていたようなので、まだしばらく伊健本人にお会いできる機会はなさそうですが、いやむしろ今年は映画がなかなか粒ぞろいのようなので、映画見るためだけに行ってもいい感じですね。
4月中旬には伊健客演の「指甲鉗人魔」が、先週には伊健も本人役としてエピソード出演の「春嬌救志明」も公開になりました。
私個人の香港行きはまだ先になりそうなので、その頃何か見られるだろうか・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.12

爪切り魔人の恋

2017年3月9日 頭條日報



鄭伊健ハワイでのロケは超楽しい

周冬雨は張孝全の性格がユニークと褒める








彭浩翔の人気小説集「破事兒」の中の短編小説「指甲鉗人魔」は6年前にすでに映像化の試みがあったが、ネット短編映画「指甲刀人魔」として改変され、長編映画としても既に撮影が完了し、周冬雨と台湾のアイドル・張孝全が主演でまもなく上映開始になる。





劇中ゲスト出演している鄭伊健は、張孝全の師を演じている。伊健は「今回は、もともとサーフィンの有名選手だけど、ある原因によってサーフィンをやめ、今はサーフボードを作っているという役だ。僕はハワイでロケがあると知って二つ返事でOKしたよ!はは!以前ハワイに行ったのはずいぶん前だけど、リゾート客以外では、サーフィン好きなら絶対ハワイに行かなきゃね!」



周冬雨は張孝全とは初めての共演だが、彼を誉めて「張孝全は私がデビューして以来、こんなユニークな男性に会ったのは初めてよ!最初知り合ったばかりのときはとても寡黙な人で、シャイなのかと思っていたけど、しばらくたっても態度が変わらないの!お互いよく知り合ってから、実は彼はずっと自分の中に考えを持っていて、沈黙は金なりということをわかっている人というふうに考えが変わったの」



映画は全編ハワイロケを敢行し、周冬雨はサーフィンが好きになったことや、さらにプロデューサーの彭浩翔と一緒にサーフィンをするのはこの上なく光栄なことだったと明かしている。彭浩翔は7,8回で覚えたそうだが、彼女は2回のレッスンですぐに追いついたという。



以前からサーフィン好きの張孝全は、ロケの最中も暇があれば各ロケ地でもサーフィンをしていた。「こういう風光明媚な環境でこんな面白い題材で撮影をしているから、とてもいい気分だよ」と話してくれた。彼は、今回のプロデューサーも監督もとても若く、ジェネレーションギャップもなく、仕事上で状況が良くない時には監督が音楽を流して歌を歌う娯楽の王様だと言っている。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.01

お久しぶりです

まる3ヶ月ぶりの更新です。
あっ、新年も旧正月もすっ飛ばしている!!
今更ですが今年もよろしくお願いします!

ツイッターは更新していたのでとりあえず生存していたのはわかっていただけてると思いますが…

3月1日は当ブログ発足の日であります。
2004年からだからもう12年経過したことになります。

香港愛は発足当初より多少薄れたように見えると思いますが、ベクトルの違うところへ向かっているというほうが正確かもしれません。
実は最近、料理教室にはまってて、先週はついに香港式ソーセージを習いに行きました。機会があればその辺の話もしたいところですが…

ブログという媒体の欠点かもしれませんが、とにかく長文を上げるには結構なパワーが必要で、家でパソコンに向かう時間も取れない今、さらに本体の更新頻度が落ちていくと思います。最初にツイッターを始めた時に危惧していた「本体の形骸化」は結局私も避けることはできませんでした。ただ、前にも書いたかと思いますが、ここは私自身のアーカイブも兼ねているので、当分やめるつもりはありません。

本業が落ち着いたら色々整理したいのですが、今年は今までにないくらい忙しくて、まだしばらく先が見えない状態です。ま、そういうストレス溜まりまくりの時こそビュン!と香港に飛んで行っちゃうかもですが。(珍しく今の職場ではカミングアウトしたので、そういう点では心置きなく飛べるのです。あとは休みが取れるかどうかと、私の体力がもつかどうか)

生存確認的にツイッターとかFacebookとかはスキマ時間でちょいちょい更新しますので、そちらもフォローよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«新宿武蔵野館再び